「ディオール アンド サカイ」。2人のデザイナー、2つのヘリテージ、2つのカルチャーをまたぐクリエイティブな対話を表現

2021.06.15
©BRETT LLOYD
対話するディオール。ディオールは1999年に創設されたインディペンデントなファッションブランドであるサカイコラボレーションし、2人のデザイナー、2つのヘリテージ、2つのカルチャーをまたぐクリエイティブな対話を表現するプロジェクトを発表します。メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズは、サカイの阿部千登勢とともにメンズのカプセルコレクションを製作しました。今回のコレクションでは、ディオールのアイコニックなロゴをカスタムし、アイテムに美学や展望といった両ブランドの際立ったアイデンティティが融合しているように、Diorの”i”にサカイのロゴが落とし込まれています。

©BRETT LLOYD
サカイのシグネチャーのひとつであるハイブリッドのスピリットがコレクション全体にみなぎります。ディオールのテイラリングとサカイのスポーツウエアのテイストを兼ね備えたアイテムには、ディオールの比類のないサヴォワールフェールとサカイならではの専門性が融合しています。オーバーコートや「テイラー オブリーク」といったディオールらしいシルエットには、サカイの世界から取り入れた素材や技術を、ディオールの世界のの装飾には、サカイらしいモダンな仕立てを組み合わせています。ミッドセンチュリーのファッション写真が蘇ったかのように、カラーパレットは主にブラックとホワイトを基調としています。クリスチャン・ディオール自身によるクチュールの特徴でもある、パリ東京の間のクリエイティブな交流がコレクション全体に色濃く反映されています。日本製のデニムは、ワークウエアのシルエットと実用的なディテールがパリのクチュールメゾンの洗練と組み合わせられたアイテムに使用されています。スティーブン・ジョーンズによるソフトベレー帽といったディオールの象徴的なアイテムにも再解釈が加えられ、ディオールの歴史を新たな視点から捉えています。


©BRETT LLOYD
サカイの特徴でもあるポケットやドローストリングといった実用的な装飾、また、サカイの定番であるボンバージャケットを思わせるオリーブとオレンジの鮮やかな色のナイロンやレザーの組み合わせで、様々なシェイプで登場する「サドル」バッグが際立つ仕上がりとなっています。「ディオール スノー」と「ディオール エクスプローラー」ブーツのソールは大胆にレイヤーされ、サカイの独創性が落とし込まれています。ゴールドとシルバーで仕上げた真鍮製の”CD”アイコンロゴに、サカイのシグネチャーでもあるパールをあしらったジュエリーがオリジナリティに仕上げのタッチを加えます。それぞれのルックは長年の友人で、今回初めてコラボレーションをしたキム・ジョーンズと阿部千登勢の対話により誕生しました。このユニークなコレクションは2人のクリエイターのアイデアの交換であり、真の融合を表現しています。ディオールのヘリテージによって形となり、2つのブランドの新たな視点を提案するカプセルコレクションは、2021年の11月より展開予定です。

@Dior @MrKimJones #Dior #ディオール #DiorSpring22

【お問合せ先】
クリスチャン ディオール
TEL:0120-02-1947
https://www.dior.com



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ