ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン、ボタニカルなスピリットと自由なフォルムの探求【2018春夏ウィメンズ】

2017.10.11

渡辺淳弥によるジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS)は、パリ医大のホールを会場に2018年春夏コレクションショーを開催した。自然界に存在する不思議で興味深い形状を服に落とし込む、というコンセプトで服を制作しているが、今シーズンは特に独特のボリュームを出したり、複雑な形状を生み出すカッティングの妙を見せている。

多くのアイテムで、マリメッコ(Marimekko)のインテリア用ファブリックを使用。特にグラフィカルなモノクロームのモチーフは、造形的なフォルムのアイテムに非常にマッチし、筒状の空間があるドレスや円を飾ったドレスなど、精巧な作りを強調して見せていた。

ヘアスタイルをパンキッシュにすることで、エッジーなイメージを演出しているが、ボタニカルモチーフのファブリックによるアイテムが、全体の雰囲気を優しい方向に導き、その相反するものとの同居が逆に心地良さを生み出している。

迷彩モチーフのアイテムはオリジナルファブリックによるもので、ボンディングにすることで独特の張りがもたらされ、フォルムは彫刻的。戦闘服用の生地という迷彩への先入観は薄れて、グラフィカルなものとして、そして自然と結びついたものとして目に入ってくるから不思議だ。
Tomoaki Shimizu
ページトップへ