ルイ・ヴィトンがニコラ・ジェスキエールによる新作2022 ウィメンズ クルーズ・コレクションを発表

2021.06.16
ルイ・ヴィトンは、ニコラ・ジェスキエールによる新作2022ウィメンズ クルーズ・コレクションを6月15日(火)日本時間午後9時にオンラインにて発表しました。

コレクションの発表の舞台となったのは、パリの郊外に位置するニュータウンの1つであるセルジ—=ポントワーズにある、著名な彫刻家の故ダニ・カラヴァンが手掛けた壮大な傑作が点在するアックス・マジャール(大都市軸)。

ランウェイに登場したのは、色彩も華やかで煌びやかな「マーチングバンド」にも似た、いかにも楽観的な一団。真っすぐに前を向いて、心も晴れやかに歩を進める、誇り高くポジティブなルックで構成されたコレクションです。近くと遥か遠くを結ぶ景観軸、アックス・マジャールと一体となった調和のイメージそのものであり、ボーダーレスな冒険へと誘います。






アックス・マジャールは、カラヴァンが美しいユートピアとして構想した作品であり、散策に訪れる人々をファンタスティックな夢想へと誘います。彼は人間主義のアーティストとして、人への思いやりに満ちた穏やかな作品を世界各地に遺しました。アックス・マジャールは環境と人の和解を図る大都市軸であり、水、光、風、砂、コンクリート、石、スティールが相まって、自然と空間と時間との間に幸福な関係を創り出しています。ルイ・ヴィトンは2022クルーズ・コレクションと共に、この比類なき造形の連なりに足を踏み入れます。「イル・アストロノミック(宇宙の島)」にはじまり、「ル・ドゥーズ・コロンヌ(12の柱)、「ル・ジャルダン・デ・ドロワ・ド・ロム(人権の庭)」へと続く道程のクライマックスは「ラ・パスレル(歩道橋)」であり、いずれのスポットからも、大気圏を横切り無限に達する道が拓けているかのようです。

故ダニ・カラヴァンが手掛けた壮大な傑作が点在するアックス・マジャール
2022クルーズ・コレクションはこちらからご覧いただけます。
https://tinyurl.com/vpxw5cys


【ルイ・ヴィトンについて】
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチファインジュエリーフレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。
詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイトwww.louisvuitton.com をご覧ください。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ