オトナの女の祭典「東京ミュゼ」開催。斎藤工、叶美香来場。麻世妙ショーも

2015.04.05

虎の門ヒルズフォーラムで、30代から40代女性をターゲットにしたイベント東京ミュゼ」が4月4日開催された。

「東京ミュゼ」は、30代から40代の“オトナの女性”をメインターゲットに設定した体験型複合イベント。第1回の今回は「DRESS ME UP ! 大人の私を刺激する女磨きサロン」をテーマに「ファッション」「ビューティー」「エンターテインメント」「グルメスイーツ」「」「学び・教養」の六つの角度から「上質で選び抜かれたモノ」を提案。メイン会場ではファッションステージやライブ、トークショーが開催され、スペース内には様々な体験ブースが開設された。

メイン会場でのイベントは、MCを務める富岡佳子がブラックのドレスで登場し、華やかにスタート。総合演出の田村孝司とファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地彩弓が手掛けたスペシャルファッションショーがトップを務め、人気モデルの生方ななえ、道端カレン、アンミカらがウォーキングを披露。ショー後に行われたトークショーには『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』編集長でスタイリストの田中杏子も登場し、来場者に向けて「今季の40代は“抜け感”がテーマ」とアドバイスする場面も。

ショーには三越伊勢丹とエイベックス・グループのコラボから誕生した大麻布ブランド「麻世妙(majotae)」も登場。淡いバイオレットカラーのセットアップを涼しげに揺らす道端カレン他、田波涼子、佐藤幸子らが、麻世妙のファッションアイテムを身に着けてステージに登場した。

続くイベントには、豪華なゲストが続々登場した。叶美香は、2,500万円のビンテージの「ヴェルサーチ(Versace)」を纏ってステージに現れ、「美しさの秘訣はボディとメンタルのバランスを整えること」とコメント。スペシャルゲストで登場した俳優の斎藤工は「女性の好みはギャップや隙のある人。デートでは映画に行きたい」と話した。また歌手の鈴木雅之によるスペシャルライブも盛り上がりを見せた。メイン会場外のステージプログラムでは、モデルの仁香によるウォーキングレッスン、歌舞伎役者の中村歌昇によるトークショーなども行われた。

本イベントのメインターゲット、いわゆるF2層といわれる35歳から49歳の女性たちは、90年代東京の流行を引っ張ってきた世代。購買意欲が高く、消費の中枢を担うこの世代はトレンドに敏感で、自身のこだわりを持って「上質なモノ」を選ぶ傾向があるという。彼女たちの消費行動を促すことが当イベントの目的だ。

更に、4月15日から21日まで東京ミュゼとのコラボ企画として、伊勢丹新宿店本館4階センターパーク/ザ・ステージ#4で、軍地彩弓による大人のためのセレクトショップ期間限定でオープンする。
K.H
  • 東京ミュゼのフィナーレの様子
  • 「東京ミュゼ」に出演したキャスト。(左から)叶美香、鈴木雅之、富岡佳子、斎藤工
  • 斎藤工
  • 「麻世妙 majotae」を紹介するファッションショー
  • 「麻世妙 majotae」を紹介するファッションショー
  • 東京ミュゼのファッションショーに登場したモデルら
  • 東京ミュゼで紹介されている「麻世妙 majotae」のブース
  • 「麻世妙 majotae」
  • 鈴木雅之によるスペシャルライブステージ
  • 鈴木雅之によるスペシャルライブステージ
  • 東京ミュゼで紹介されている「麻世妙 majotae」のブース
  • 「麻世妙 majotae」
  • 「麻世妙 majotae」
  • 「麻世妙 majotae」
  • 「麻世妙 majotae」
ページトップへ