新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

三陽商会×三原康裕「クレストブリッジ」デビュー【2015-16秋冬】

2015.04.02

三陽商会が、 2015-16秋冬シーズンより新たに立ち上げるブランド「ブルーレーベル・クレストブリッジ(BLUE LABEL CRESTBRIDGE)」「ブラックレーベル・クレストブリッジ(BLACK LABEL CRESTBRIDGE)」のデビューショーを3月31日、東京外苑前の秩父宮ラグビー場で開催した。

同ブランドは、今年の6月でライセンス契約が終了する、同社の「バーバリー・ブルーレーベル」「バーバリー・ブラックレーベル」の後継となるもの。クリエイティブディレクターを務めるのは三原康裕だ。

秩父宮ラグビー場のコンコースに、長さ80mものロングランウエイを設置。オーディエンス約800人が集まった中、東京スカパラダイスオーケストラによる生演奏をBGMにショーはスタート。

登場するアイテムは、新しいアイコンチェックを用いた、ダブルブレストコートジャケットトレンチコート、ケープ、シャツ、ソックスなどで、正統派のブリティッシュスタイルを提案。大小異なったチェック柄のアイテム同士やチェックのコートに千鳥格子のワンピース、チェックのパンツに迷彩のブルゾンを重ねるなどし、クラシックでありながらもスタイリングでエッジを効かせる。

シューズデザイナー出身の三原らしく、ウィメンズのファーを贅沢にあしらった鮮やかなショートブーツや木型を1から開発し製作の全てを国内工場でまかなったメンズシューズなど彼の十八番も披露。

フィナーレには、モデル全員がトレンチコートをまとって登場し、観客が沸いた。三陽商会の伝統を継承していく意向を大胆に見せ付けた。

ショーを終えたばかりの三原は、「英国への憧れ、安心感などというイメージを再構築し、国の伝統を新しい視点で再解釈した」と語る。1943年から物作りに情熱を注いできた同社に新たな歴史が刻まれた一夜となった。
編集部
  • ブルーレーベル・クレストブリッジ
  • ブラックレーベル・クレストブリッジ
  • ブルーレーベル・クレストブリッジ
  • ブラックレーベル・クレストブリッジ
  • ブラックレーベル・クレストブリッジ
  • ブラックレーベル・クレストブリッジ
  • ブルーレーベル・クレストブリッジ、ブラックレーベル・クレストブリッジのデビューショー
  • 三原康裕、三陽商会代表取締役社長の杉浦昌彦
ページトップへ