心強い自然の力で汚れをやっつけろ! 看護師の声をもとに開発した、ラッシュのナチュラルソープ「ゴールドバスター」

発売日:2020.05.29
2020.05.29
フレッシュハンドメイドコスメ LUSH(ラッシュ)は、抗菌力に着目した石鹸「ゴールドバスター」復刻版を、数量限定で販売します。オンラインショップでは2020年 5月29日より販売開始し、全国の店舗では、6月5日より営業状況に合わせ、順次発売を予定しています。 医療現場の最前線で働く看護師の声をもとに、オレガノやマヌカハニーの抗菌力に着目して開発されたナチュラルソープの再登場となります。




抗菌効果をフレッシュな原材料の力で
お肌を清潔にする働きに優れたオレガノとマヌカハニーを使って開発したナチュラルソープ「ゴールドバスター」が数量限定で再登場します。2008年に発表された西イングランド大学の研究により、オレガノに抗菌作用があることを知った看護師達からのリクエストを受けて2009年に商品開発されました。オレガノから抽出したエキスとエッセンシャルオイルを配合し、お肌を清潔に保つように働きかけます。また、希少なマヌカハニーが、乾燥を防ぎ、お肌をクリーンにします。さらに、肌触りを柔らかくするローズエキスが健康的な素肌美へと導きます。洗面所に常備しておけば、家に帰って手洗いをするのが楽しい習慣に変わるはず。


自然由来の原材料で作られ、合成保存料フリー。優しく働くラッシュのナチュラルソープ
ラッシュの固形石鹸は、手や肌を清潔にキープするとともに高い保湿効果があります。合成保存料が一切入っておらず、天然の原材料であるオイルやバターが防腐の役割も果たしながらお肌を保湿します。独自の製造法によりソープベースにフレッシュなフルーツやエッセンシャルオイルなどの天然の原材料を加えることができるのです。また、動物実験がされておらず、過剰な包装もしていません。
一般的に固形石鹸に含まれる界面活性剤には抗菌作用があると言われています。しっかりした手洗いで石鹸は手からウイルスを洗い落す手助けをすることができます。頻繁に手洗いをすることは、ウイルスや菌による感染防止に効果的です。ラッシュの固形石鹸で手洗いをしませんか?

ラッシュの固形石鹸の働きに関するアーティクルはこちらをご覧ください。
https://jn.lush.com/article/good-work-of-soap



商品概要

商品名: ゴールドバスター
(英語名: 13 Soap Unlucky for Dirt)
価格/容量: 970円(税込)/ 100g

オレガノのほのかに苦い爽やかなハーバルノートに、ローズとゼラニウムの上品なフローラルノートをブレンドした清潔感のある独特な香りがします。心地良い香りに包まれて洗い上げる時間は、お肌だけでなく気持ちまで健やかにしてくれるでしょう。手洗いはもちろん、全身の洗浄にも大活躍します。


新型コロナウイルス感染拡大防止対策による店舗の営業状況について
ラッシュジャパンは新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言および外出自粛要請を受け、店舗の営業ならびに製造の一部を休業しております。「ゴールドバスター」は、オンラインストアにて5月29日より販売開始し、各店舗では営業状況に合わせ、6月5日より順次発売を予定しています。
店舗の営業情報は下記URLをご覧ください。
https://jn.lush.com/shops

ラッシュの商品について
ラッシュの商品は、イギリスで開発され、日本のキッチンで手作りしています。

ラッシュについて
LUSH(ラッシュ)は、新鮮な野菜や果物を使った100%ベジタリアン、80%ヴィーガン対応のナチュラルコスメブランドです。動物実験をせず、可能な限り合成保存料に頼らない処方でエッセンシャルオイルをふんだんに使用して手作りしたスキンケアヘアケア、バス製品などで、健やかな肌や髪のために役立ちたいと考えます。原材料の新鮮さ、質的な意味においてオーガニックであることに価値をおいて開発する商品は、フレッシュなうちに使用することで原材料の効果を最大限実感することができると信じています。「ラッシュ」の名が示す通り、人々の毎日の生活を「みずみずしく豊か」に、よりハッピーでヘルシーなものにしたいと考えます。倫理的であること、そしてサステナビリティのその先を目指し、原材料調達から商品開発やパッケージの資材調達など、リジェネレイティブであること(再生可能性)を最優先にあらゆる企業活動を行っています。(https://jn.lush.com/ )



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ