“恐怖”に立ち向かうロンドン注目株の若手デザイナークレイグ・グリーン【2017-18秋冬メンズ】

2017.01.28

ロンドンメンズファッションウィーク初日の1月6日、クレイグ・グリーンCraig Green)が2017-18年コレクションのショーを開催した。セントラル・マーチンズ大学卒業時から彼のユニークで都会的なデザインは注目され、いくつもの賞にノミネートされていた。ついに昨年12月ブリティッシュ・ファッション・アワード(British Fashion Award)でメンズデザイナー賞を受賞したとあって、今回ロンドンで最も話題の人物となった。

ロンドンの若き才能として活躍が期待される中、今季は“恐怖”をコレクションテーマに設けた。クレイグ自身が最も恐怖だと感じるのは広大な海だと語り、海員や潜水艦乗組員のユニフォームインスパイアされたコレクションを発表。序盤は深い海の底のようなネイビーカラー単色で全身コーディネートされたルックが続く。セイラーの軍服を彷彿とさせるトップスや帽子、そしてほぼ全てのルックにワイドパンツを合わせた。プラスチックチューブを取り入れたバッグは、酸素ボンベのようにも見える。

シグネチャーでもある長く垂れ下がったベルトは今季も多くのアイテムに多様され、ユーティリティーを提案。防弾チョッキのような固いベストを纏った戦闘態勢のルックも登場した。モデルたちは恐怖へ立ち向かう時の緊迫した空気さえ漂う。そんな重々しさを振り払うかのように現れたのは、神父が着る祭服のようなシルエットの、キルトで作られたカーペット風のローブ。海の中で鮮やかな熱帯魚に出くわしたような、意表を突かれた美しさに思わず目を奪われた。

強くたくましいマスキュリンな雰囲気を感じる一方、繊細でエモーショナルな部分が見え隠れしていた。それは、ファッション業界という荒波に立ち向かっていくクレイグ・グリーンの現在の心情を表しているかのよう。恐怖さえもクリエーションの力に変えて、まだまだ彼は成長を続けていきそうだ。
ELIE INOUE
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
  • クレイグ・グリーン2017-18年秋冬コレクション
ページトップへ