バレンシアガが国連WFP支援のための新コレクションを発売、ロゴ入りウエアやバッグが登場

2019.12.06
バレンシアガBALENCIAGA)は、「the World Food Programme(WFP)」とのコラボレーションによる、ウエアとアクセサリーの新ラインを12月より発売。対象アイテムによる収益から、前回の2倍となる20%がWFPへ寄付される。

フーディ(8万6,000円)
近年の急増する世界的規模の飢餓について関心を集めるため、またそれを2030年までに終わらせるための世界的な取り組みを支援するため、2018年にWFPとの取り組みを行った同ブランド。今年、新たなコラボレーションのもと引き続き基金を募り、認識を広めていく。

コラボコレクションは、ソックスハット、スカーフ、パンツ、レインコート、ブラウス、フーディ、ユニセックスバッグなど同ブランドの人気アイテムに最新のデザインを加え、様々なカラーで構成。WFPの公式ロゴをフィーチャーしたものや、バレンシアガとWFPのロゴでデザインしたシグネチャーの連続した斜めパターンをフィーチャーしたアイテムも登場。ブランドのアーキタイプにメッセージを融合することにより、組織が掲げる目的への深い関わりを強調する。

コレクションは、12月より世界中のバレンシアガ直営店と公式オンラインストアにて販売される。
編集部
  • 半袖Tシャツ(4万5,000円)
  • 半袖Tシャツ(4万5,000円)
  • フーディ(8万6,000円)
  • フーディ(8万6,000円)
ページトップへ