永遠の都、ローマを内包するヴァレンティノ・ロマンティシズム【2020年リゾート】

2019.05.24
ヴァレンティノVALENTINO)の2020年リゾートシーズン、ピエールパオロ・ピッチョーリPierpaolo Piccioli)は、メゾンのベースであるローマという地を再思した。

ロマンティックで、華麗。誰にとっても永遠の都であるローマ。一方で、世襲的な貴族階級や対立する多神教、古代ローマにおける退廃期も内に秘めた、現実と幻想が同時に存在する都市。

ケープやプリンドレストレンチコートパジャマパラッツァオ…都会的なロマンティシズムを感じさせるコレクションのなかには、メゾンの過去がわずかにこだまする。





贅沢なフェザーをあしらったウエアやアクセサリーにフラットサンダル、ロゴベルトに高貴なつば広のハットなど、ルールにとらわれることのない自由な組み合わせ。過去を郷愁するのではなく、今というこの瞬間のなかに、ピエールパオロ・ピッチョーリはロマンティシズムを見出す。




編集部
ページトップへ