ビューティフルピープルのドレスシャツ、“日常の中にある 大切で待ち遠しくて特別な日” に着たい服【EDITOR'S BLOG】

2019.04.12
ファッションエディターたるもの、今日も今日とてファッションの虜! 今回は、編集部員が今季購入した偏愛服をご紹介。


寒い冬の終わり、春の始まり。よく晴れたある日、我が家にやってきた
ビューティフルピープルbeautiful people)」のドレスシャツ。


シルクオーガンジーという素材上、クリーニング店での洗濯がベストなので、得意のヘビーローテーションは難しい服。

だけど、友人とちょっといいお事に行く日や、美術館に行って喫茶店でお茶をして帰る日など、日常の中にある “めかしこむわけではないけれど 大切で 待ち遠しくって 特別な日” に着たいドレスシャツとして買いました。


前掛けのようなヨークのディテールの裾にあるベルトを後ろ身頃にまわして締めて、裾をブラウジングすると、ふんわりとして、なんともロマンティックなシルエットが自然に生まれる。サイドには長めのスリットが入っていて、先ほどのベルトを前身頃の生地の内側に通せば、また異なったシルエットを楽しむことがきます。

クリーンでエレガントなシルクオーガンジーの身頃と袖の透け具合もとてもいい。肌見せには若干の抵抗がある人にも、この服のシアー感は、当におすすめ。フェミニンなシースルー服によくあるシフォン素材とは異なり、きちんとハリのある生地感だからこそ叶うリッチな透け具合が魅力的です。


アイテムはブラックも展開。こちらはエクリュよりもハンサムな魅力がプラスされておしゃれ。シアーなブラックを春夏に着こなすのっていいですよね。ストローハットサンダルなど、ドレスシャツとは相反するようなリラックスカジュアルなアイテムと合わせるのが今の気分。

エクリュを選んだ私は、同色のワイドパンツにスリッパサンダルでさらっと着るのにはまっています。バッグとサンダルをブラックレザーのアイテムでまとめて、ちょっぴりハンサムに。

今回ブログの執筆にあたり、改めてこのシャツとじっくりと向き合いましたが、服の輪郭、ミシンの縫い目、仕上げのアイロンなど、細部まで余すことなく眺めても、とても綺麗な仕立てです。

遊び心がある服は色々あるし、きれいな大人服も数多くある。だけれども、遊び心があって、綺麗で、きちんとした作りの服を提案するファッションブランドって、飽和するアパレル市場といえど、ありそうで、意外にそう沢山はないのではないかしら。

ビューティフルピープルの人気の秘訣はそんなところにあるのかも。




上のルックもシャツと同じく2019年春夏コレクションからで、日常の中にある特別な日のドレスアップに選びたいなと思った3ルック。

かわいいものが大好き、おしゃれが大好き、服が大好き! な少女時代を経て、もう確実に大人と呼ばれる歳になってしまいましたが、まだまだファッションについて日々試行錯誤と勉強の最中です。憧れの先輩方のように、いつか、さり気ないドレスアップが自然にできる大人になりたいな。



「beautiful people」
https://beautiful-people.jp


編集部
ページトップへ