“本のストーリーを身につける”。書籍をくり抜いたジュエリー

2017.12.03
イギリス・ロンドンで制作活動を行うアーティスト、ジェレミー・メイ(Jeremy May)。建物などの配置を設計・計画する景観設計家という肩書きを持つ彼は2007年からアクセサリーの制作も行っており、大きく注目されている。ジェレミーの作るアクセサリーの原材料となるのは、古い書籍。彼のもとにたどり着いた書籍たちは、数々の人々や場所を経てきたものばかりだ。その書籍の中心部をざっくりとくり抜いたものをもとに、制作を行う。くり抜かれたその何百枚も重なったページの塊は、ラミネート加工されイメージした形へと削りだされていく。ジェレミーは書籍の中から印象的な一節を見つけ出し、そこからインスピレーションを受けデザインを思いつくそうだ。



加工が終わり見事アクセサリーの姿へ変身すると、元の書籍の空洞となった部分へ収納され、その書籍自体がケース代わりになるという仕掛けだ。古い書籍を使い一つひとつ手作業で仕上げるため、同じものは二度と作ることは不可能であり、それぞれの作品にシリアルナンバーがふられる。ジェレミーの手がけた作品は伝統的な工芸、シンプルさ、感受性を組み合わせたものをイメージしており、想いや言葉、書籍が残してきたものをアクセサリーに封じ込めている。オリジナリティあふれる「物語を身につける」ことができるアクセサリーを手に入れるため多くの人がカスタムオーダーを依頼する。ウェブサイトの情報によると、ニューヨーク、ギリシャのほか、日本では大阪のToiで取り扱いがあるそうだ。また、ウェブサイトから直接ジェレミーにコンタクトを取ってカスタムオーダーを依頼することもできる。


※本記事は (引用元: http://littlefly.co.uk/littlefly_wordpress/)に許可を得て、翻訳・執筆を行っております。
hirokoike
ページトップへ