【ルック】ディオールが2022-23秋冬オートクチュール コレクションを発表

2022.07.06
ディオールは、フランスパリにて秋冬 2022-2023 オートクチュール コレクション ショーを7月4日 日本時間 午後10:00(現地時間 午後3:00)に開催しました。



秋冬 2022-2023 オートクチュール コレクション

「The Tree of Life(生命の木)」は、ウクライナアーティストのアレシア・トロフィメンコの作品のコンセプトであり、マリア・グラツィア・キウリによるディオールの秋冬 2022-2023 オートクチュール コレクションのスタート地点でもありました。


広範囲に及ぶ様々な文化や神話におけるこのシンボルに、ペインティング刺繍が息を吹き込みます。空を支え、枝や根を通して地球と空を繋げるように、生命の木はすべての形式のクリエイションの橋渡しを担います。


アレシア・トロフィメンコの作風は、様々な土地の間で共有された様式的なコードに従っています。マリア・グラツィア・キウリは、アートのフィルターを通してファッションを捉え、まるでクチュールのように永続的かつ革命的な、この伝統領域を探求します。コレクションは、オープンな対話の中ですべてのカルチャーにインスピレーションを与え、様々な民族的慣習のイマジネーションと共鳴する一連のアイテムによって構成されています。


生命の木の枝、幹、そして根。コットンやシルク、そして撚り糸を用いた卓越した刺繍をふんだんに用いることで、ビジョンが自由に洋服に落とし込まれています。ベージュの色調に、ブラックやブルーといったタッチがアクセントを加えます。至高のエクセレンスを成し遂げるために時間をかけて製作されたこれらの刺繍は、コットンの生地やウールのクレープ素材、シルク、そしてカシミアに落とし込まれています。


ブロンズやブラックのレースやギピュールからなる組紐のパッチワークがドレスを飾ります。シルクシフォンにはスモック加工が施され、ボディラインに沿ったロングでエアリーなドレスに採用されています。これらの素材は「ニュールック」のシルエットに再解釈を加えます。「バー」ジャケットは垂直にスモック加工が施された生地で優れた仕上がりとなり、スカートはバスクに用いられるリボンで構築されています。手織りで製作されたファブリックは、ヘムを取り払った洋服の上で、気品高く類まれなテクスチャーを演出します。一方で、シルクやコットンの刺繍が施されたワイドトレンチは、ロングドレスとスタイリングされています。


アトリエを反映した空間の中で、素材やフォームを生み出すということは、私たちが生きる現実社会にも通ずるものがあり、そして今日において人類であることの意義を思い起こさせることなのです。伝承され、学習され、そして完成されたジェスチャーは繰り返されます。生命の木は、伝統とジェスチャーに焦点を当て、つかの間でも私たちがバランスを取り戻すための呼びかけであり、警告なのです。





オフィシャルタグ : @DIOR
ハッシュタグ : #DiorCouture

編集部
ページトップへ