安藤忠雄の思考を辿る展覧会、「光の教会」など代表的な7つの建築模型やドローイングを展示

2016.06.26

建築家の安藤忠雄による展覧会「TADAO ANDO Drawing, Photograph, Maquette」が、8月28日まで東京銀座のAKIO NAGASAWA Galleryにて開催されている。

同展では、「光の教会」「住吉の長屋」「直島プロジェクト」といった、安藤忠雄の手掛けた日本での建築の中でも代表的な7つのプロジェクトにフォーカス。会場では、これらの思考の痕跡を感じさせるドローイング作品や、自作を自身で撮影した写真作品などを展示する。また、1/20スケールの「光の教会」や1/10スケールの「住吉の長屋」など、鉄筋やコンクリートといった実際の建築物と同じ技法で制作された模型作品も展示されている。

イベント情報】
「TADAO ANDO Drawing, Photograph, Maquette」
会場:AKIO NAGASAWA Gallery
住所:東京都中央区銀座4-9-5 銀昭ビル6階
会期:6月24日~8月28日
時間:11:00~19:00
休廊日:月・火曜日、8月8日~16日
入場無料
HEW
  • 建築家の安藤忠雄による展覧会「TADAO ANDO Drawing, Photograph, Maquette」が開催
  • 建築家の安藤忠雄による展覧会「TADAO ANDO Drawing, Photograph, Maquette」が開催
  • 建築家の安藤忠雄による展覧会「TADAO ANDO Drawing, Photograph, Maquette」が開催
ページトップへ