日本一のタイルの町、岐阜県多治見市に「モザイクタイル ミュージアム」がオープン!第1回目の企画展は大巻伸嗣

2016.06.24

日本最大のモザイクタイルの生産地である岐阜県多治見市笠原町に6月、「多治見市 モザイクタイル ミュージアム」(岐阜県多治見市笠原町2082-5)がオープンした。

モザイクタイルとは、表面積が50平方センチメートル以下の小ぶりなタイルのことで、多様な形を組み合わせて多様なパターンを作り出すことができる。その色の豊かさや形の面白さで、日本だけでなく世界中で評価され、人々の暮らしを豊かに彩ってきた。

設計は、広い視野で語られる建築史論と、自らの視点に基づく独創的な建築作品で知られる建築家の藤森照信が担当した。外観は、多治見付近でよく目にする採土場からインスピレーションを受けて、小山のような不思議な形にデザイン。正面には、タイルの原料となる土の表情が作られ、点々と埋め込まれたタイルがキラキラと輝く。2階から4階まで続く大階段は、巨大な土のトンネルや登り窯を想起させ、外光が差し込む4階には、藤森照信が選んだモザイクタイルのあふれる不思議な世界が広がる。また、緑の芝生と笠原中央公民館につながるタイル広場が、公園のようなゆったりした空間を作っている。

同ミュージアムでは、笠原町の有志が20年近くにわたって集めてきたモザイクタイルの製品、サンプル台紙をはじめ、道具類や貴重な建造物の壁面の断片まで、1万を超える資料が収蔵されている。地元を中心とする国内のタイルの歴史を振り返る常設展示に加え、多治見、笠原地域の文化、歴史に関わることや、建築に関わることなど、幅広いテーマ設定の企画展示を行っていく予定だ。

現在、開館を記念した第1回目の展示企画として岐阜出身のアーティスト・大巻伸嗣による展示「Echoes Infinity ―永遠なる物語―」が開催中。

展覧会情報】
Echoes Infinity ―永遠なる物語― 大巻伸嗣
会場:多治見市モザイクタイルミュージアム 3Fギャラリー
住所:岐阜県多治見市笠原町2082-5
会期:6月4日~8月28日
時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(休日の場合は翌平日)
料金:300円、高校生以下無料
HEW
  • 多治見市モザイクタイル ミュージアム外観
  • モザイクタイル
  • モザイクタイル
  • モザイクタイルの洗い場
  • モザイクタイルのカマド
  • 藤森照信 多治見市モザイク タイルミュージアム スケッチ
  • 多治見市モザイクタイル ミュージアム館内
  • 多治見市モザイクタイル
  • ワークショップの情景より
  • 大巻伸嗣≪Liminal Air≫会場:岡本太郎美術館、2014 年 素材:布、ファン、照明、サイズ:h528 × w 986 × d 786(cm)
  • 大巻伸嗣≪こどものにわ≫ 会場:東京都現代美術館、2010年、素材:岩料、フエルト、カーペット、サイズ:1000x2500(cm)
  • 大巻伸嗣 ポートレート
ページトップへ