クレマチスの丘IZU PHOTO MUSEUMで映像作家フィオナ・タンの個展、富士山をモチーフにした新作公開

2016.06.26

映像作家として国際的に評価の高いフィオナ・タン(Fiona Tan)の個展「フィオナ・タン アセント」が、7月18日から10月18日まで、静岡クレマチスの丘にあるIZU PHOTO MUSEUMで開催される。

中国系の父とオーストラリア人の母のもとに、インドネシアで生まれたフィオナ・タン。幼少期をオーストラリアで過ごした後、アムステルダムのヘリット・リートフェルト・アカデミー、ライクス・アカデミーに学び、現在はドイツのカッセル美術大学で教授を務めている。作品は横浜トリエンナーレ(2001年)、ドクメンタ11(2002年)など多くの国際展で展示され、2009年のヴェネツィア・ビエンナーレではオランダ館の代表作家となった。

近年の個展としては、イギリスのニューキャッスル市バルト海現代美術センターで「Depot」展(2015年)を開催。現在は、ルクセンブルグのジャン大公現代美術館にて「Geography of Time」展を開催中だ。日本では、これまでに、金沢21世紀美術館(2013年)、東京都写真美術館、国立国際美術館(2014~15年)と、3度の大規模な個展を開催してきた。そして、初の長編映画となる《History’s Future》(2016年)は、ロッテルダム国際映画祭のタイガー・アワードやゴールデン・トレーラー・アワードにノミネートされた。

今回の個展は、富士山をモチーフにした新作《Ascent》を中心に、初公開作品数点を含む展示構成。展のために新たに制作された《Ascent》は、富士山を被写体とした約4,000枚におよぶ一般の方から寄せられた写真や、IZU PHOTO MUSEUMのコレクションをもとに制作された作品で、映像インスタレーションと写真インスタレーションの2パートによって構成される。

なお、本展は映像作品《Ascent》の上映から始まるため、上映時間を確認の上での来館が必要となる。席に限りがあり、満席の場合は立ち見となるため事前の予約を受け付けている。詳細については、IZU PHOTO MUSEUMのオフィシャルサイトから確認出来る。

イベント情報】
「フィオナ・タン アセント」
会場:IZU PHOTO MUSEUM
住所:静岡県長泉町東野347-1
会期:7月18日~10月18日
時間:9:00~18:00(7、8月)、9:00~17:00(9、10月)
上映時間:10:15/11:45/13:15/14:45/16:15(7、8月のみ)
料金:大人800円、高・大学生400円、中学生以下は無料
休館日:水曜日
中村陽介
  • Ascent (2016), Fiona Tan, still Photo: 遠藤進
  • Ascent (2016), Fiona Tan, still Photo: Higuchi Masaharu
  • Ascent (2016), Fiona Tan, still Photo: Yamanashi Prefecture
  • Ascent (2016), Fiona Tan, still Photo: mitsuru AsakurA
  • Ascent (2016), Fiona Tan, still Photo: nakano yuko
  • Ascent (2016), Fiona Tan, still Photo: Takahiro Yamamoto
  • Ascent (2016), Fiona Tan, stillPhoto: Unknown (Collection of Izu Photo Museum Collection)
  • Ascent (2016), Fiona Tan, stillPhoto: Unknown (Collection of Izu Photo Museum Collection)
ページトップへ