ジミーチュウ銀座松屋店がリニューアル。新ストアコンセプト日本初導入

2014.08.27

「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」銀座松屋店が、9月5日にリニューアルオープンする。

同店は、ロンドンに拠点を置くデザインスタジオ「デヴィッド・コリンズ スタジオ(David Collins Studio)」が手掛けた新ストアコンセプトを、日本で最初に導入する店舗となる。

この新ストアコンセプトでは、装飾ではなく、上品な素材や洗練されたデザインを通して現代のグラマーを表現。壁面は控えめな光沢のある、柔らかな色味のテクスチャーを重ね、アイテムのディテールに深みを持たせることを企図。アイテムはラグジュアリーなディスプレイコンセプトに基づき、メインコレクション、チュウ トゥエンティーフォーセブン(CHOO 24:7)といったカテゴリーごとにディスプレイされる。

ウィメンズシューズを始め、バッグやサングラス、レザー小物、フレグランスを取り扱う。また、リニューアルオープンを記念して9月5日より、今秋冬の新作ブーツ「DANTE」(13万6,080円)と、ミニスタッズでスターモチーフをデザインしたメッセンジャーバッグ「OPAL」(17万4,960円)を限定発売する。
編集部
  • 新作ブーツ「DANTE」
  • メッセンジャーバッグ「OPAL」
ページトップへ