グッチのフレグランス「ギルティ」から限定ボトル!新時代のセクシュアリティを表現したキャンペーンも公開

2016.09.17

グッチ(GUCCI)が10月1日、都会的でロマンチックな世界にインスパイアされた限定フレグランス「グッチ ギルティ プラチナ エディション」を発売する。

メンズフレグランス用の香料、レディースフレグランス用の香料という昔ながらの考えを捨てることで、自由を表現している「グッチ ギルティ」シリーズ。今回は、「#GuiltyNotGuilty」をコンセプトに新たなふたつのアイテムが登場する。

セクシーで魅惑的なライラックにアンバーをブレンドした「グッチ ギルティ プラチナ エディション オードトワレ」(50ml/9,900円、75ml/1万3,200円)は、自由を愛する女性のための香り。メンズフレグランスによく使用されるゼラニウムを取り入れたフゼア調の香りが特徴となっている。一方、「グッチ ギルティ プラチナ エディション プールオム オードトワレ」(90ml/1万1,200円)では、メンズフレグランスにはそぐわないフローラルでセンシュアルなオレンジブロッサムを使用。始めにさわやかなレモンが香り、やがて魅惑的なラベンダーやパチョリが香り立つ。

広告キャンペーンは、ディレクター兼カメラマンのグレン・ルックフォードが、「#GuiltyNotGuilty」というパワフルなキャッチフレーズをもとに制作。オスカー俳優のジャレッド・レト、モデルのジュリア・ハフストローム、ヴェラ・ヴァン・アープといった3人のイメージキャラクターを通じて、世間の期待やルールから開放された新時代のセクシュアリティーを表現している。撮影現場ではジャレッド・レトがグッチのSnapchatアカウントをジャックし、数百万人のフォロワー向けに、夢のようなシーンの一部を「#GuiltyNotGuilty」というハッシュタグを付けて投稿した。
HEW
  • グッチが都会的でロマンチックな世界にインスパイアされた限定フレグランス「グッチ ギルティ プラチナ エディション」を発売
  • 「グッチ ギルティ プラチナ エディション オードトワレ」(50ml/9,900円)
  • 「グッチ ギルティ プラチナ エディション プールオム オードトワレ」(90ml/1万1,200円)
ページトップへ