フレグランスメゾン・フエギア 1833から、日本新入荷アイテムも含まれた16年ホリデーコフレが数量限定で登場

2016.10.11

フレグランスメゾン・フエギア 1833(FUEGUIA 1833)が11月1日、16年ホリデーコフレを発売する。

厳選された天然香料のみで作られるフエギア 1833のフレグランス。今回は、15mlのオードトワレ3本をセットにした数量限定ホリデーコフレ3点が展開される。日本新入荷のものも含まれたオードトワレは、それぞれ手描きラベルが可愛らしい未発売サイズの携帯用ミニボトルに収められた。

3点のうち「Literatura Collection(ボルヘスの本棚)」(1万4,500円)は、「Biblioteca de Babel」、「La Joven Noche」、「El Mono de la Tinta」の3種のオードトワレがセットになったコフレ。詩人のホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)の作品に潜むような、香りの謎を解き明かすコレクションとなっている。

「Linneo Collection(植物から採れた甘い媚薬)」(1万5,000円)は、「Xocoatl」、「Caoba」、「Mbucuruya」をセットにしたもの。詩人から博物学者に転身したカール・フォン・リンネに捧げるコレクションとなっており、南米植物の力強く時に甘いセンシュアルな表情が大人の好奇心をくすぐる。

「Fabula Fauna Collection(大自然に生きる美しい動物たち)」(1万4,500円)では、「Huemul」、「Malabrigo」、「Hornero」が合わせられた。動物たちの在り方から人間の秘められた心を紐解くコレクションで、直感や本能を呼び覚まし、自由を謳歌する人にぴったりのフレグランスとなっている。
HEW
  • フレグランスメゾン・フェギア 1833が16年ホリデーコフレを発売
ページトップへ