【ルック】ディオール 2021-2022 秋冬 オートクチュールショーをパリ・ロダン美術館で開催

2021.07.12
https://youtu.be/CBp5j4jMTM8
ディオールは7月5日現地時間14時半(日本時間21時半)マリア・グラツィア・キウリによる、2021-2022 秋冬 オートクチュール コレクションパリ・ロダン美術館で発表しました。

制約のある中で、主に映像を通してマリア・グラツィア・キウリがデザインするディオールのコレクションを発表してきた時期を経て、今こそオートクチュールの価値を取り戻します。 有形のファブリックはフォルムを帯び、またエンブロイダリーという革命的な言語はひとつのプロジェクトに集約されたパフォーマンスになります。 ショーの背景になったのは、フランスアーティスト エヴァ・ ジョスパンの作品『Chambre de Soie(シルクの部屋)』等身大のエンブロイダリーが壁面に展示され、ローマにあるコロンナ宮殿のインド風「刺繍の間」を想起させます。この作品をプレシャスな舞台装置に見立てて発表されたドレスは、華麗なプリーツ、トレーン、手織りのチェーンでパターンを構成したボディをそなえました。クチュールは思いもよらない欲望を呼び覚まし、私たちが知らなかったものの存在を明らかにします。それはまさに、アバンギャルドの役割ではないでしょうか?すなわち、見えないものを見えるようにすること。アーティスティックな実践と卓越したサヴォワールフェールを通じて、深刻な変革の最中で、世界の熱望を明らかにします。



(C)NOEMI_OTTILIA_SZABO
https://youtu.be/sK9sOCfUhC4
Dior@MariaGraziaChiuri#ディオール #Dior #DiorCouture

【お問合せ先】
クリスチャン ディオール
TEL:0120-02-1947
https://www.dior.com



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ