JW ANDERSONから初のスニーカーが発売、ブランドの新たな定番アイテムとして展開

発売日:2021.05.20
2021.05.20

JW アンダーソンJW ANDERSON)から、ブランド初となるスニーカーが登場。

5月20日より、JW アンダーソンのロンドンのソーホー旗艦店、ブランドの公式オンラインストア(JW Anderson.com)、オンラインセレクトショップのHBXにて先行発売。6月末から7月より、JW アンダーソンの取扱店(日本国内を含む)でも順次展開予定。なお、アイテムは、今後ブランドの定番アイテムとなる。


このスニーカーは、2021年1月に、ユルゲン・テラー(Juergen Teller)によって撮り下ろされた2021年秋冬メンズコレクションと2021年プレフォールウィメンズコレクションで初めて発表されたもの。


レディトゥウェアとアクセサリーコレクションにおいて、長年にわたりブランドのキーテーマとなっている、“解体”、“クラフト”、“誇張されたプロポーション”を探求して誕生したスニーカー。

レザーとキャンバスに厚手のラバーソールを組み合わせて仕立てられた大胆なシルエットや、印象的なカラーラインアップで、これまでの既存のスニーカーとは異なるユニークなスタイルとなっている。

厚底のソールはJW アンダーソンのデビュー時に発表されたスタックドブローグからインスパイアされたもの
サイズは、ウィメンズが36〜42、メンズが39〜45(共にEUサイズ)での展開となり、価格は各 税込5万2,800円。

ニューベーシックなアイテムとして、JW アンダーソンのスニーカーをチェックしておきたい。

【お問合せ】
三喜商事
TEL:03-3470-8232

>>その他のJW ANDERSONの記事はこちらから


編集部
ページトップへ