グランドセイコーから夜明けに輝く太陽の光をダイヤルに表現したスポーティーなクオーツGMTモデルが登場

発売日:2021.06.10
2021.05.11
セイコーウオッチ株式会社は、セイコー創業140周年を記念し、<グランドセイコー>の新たな挑戦への強い意志を、夜明けに輝く太陽の光をイメージしたダイヤルに込めた、スポーティーなクオーツGMTモデルを6月10日より発売いたします。希望小売価格は60万5,000円(税込)、2,021数量限定モデルです。


《商品特徴》
GMT機能を有する最新の9Fクオーツムーブメント、キャリバー「9F86」


<グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきました。1988年には、グランドセイコー初のクオーツ式ウオッチ「95GS」を発売。年差±10秒という最高峰の精度を実現しました。

その5年後の1993年、初の9Fムーブメント、キャリバー「9F83」が完成しました。「バックラッシュオートアジャスト機構」、「ツインパルス制御モーター」、「瞬間日送り機構」など数々の新機軸を搭載したこのクオーツは、グランドセイコーが考える腕時計の本質「正確さ」「美しさ」「見やすさ」そして「長く愛用でき」「使いやすいこと」を徹底的に追求し、細部にもこだわり抜いた最高峰のクオーツです。

本作に搭載されている最新のグランドセイコー向けクオーツムーブメント、キャリバー「9F86」は、GMT機能を有し、時差のある地域の時刻に合わせる際、時計を止めずに時針のみを修正できるため、年差±10秒の高精度を損なうことなく時差の修正が可能です。


夜明けに輝く太陽の光を表現した、視認性の高いダイヤル


金色があしらわれたGSロゴ、ダイヤルリングやGMT針、そして光を受け反射し輝く放射パターンのダイヤルは、夜明けに輝く太陽の光を表現しています。これは、セイコー創業140周年という節目の年に、グランドセイコーの新たな挑戦への確固たる意志を表しています。
上下2色に分かれたダイヤルリングは、第2時間帯の昼夜を視覚的に識別できるほか、GMT針には、時分針・およびインデックス上と異なる青色のルミブライトが施されており、夜間でも高い視認性を確保しています。


タフな使用に応えるデザインとスペック


要素を削ぎ落とした結果生まれた機能的な造形に、耐摩耗性に優れ、擦り傷が付きにくいブラックセラミックスベゼルを組み合わせたケースは、ソリッドな印象の外観に仕上がっています。また、20気圧防水と16,000A/mの強化耐磁性能を併せ持ち、ハードな環境に耐えうるスペックで、タフな使用シーンにも頼れる相棒となります。

裏ぶたには、シリアルナンバーとともに、ブランドの象徴である「獅子の紋章」をかたどった18Kイエローゴールド製のワッペンが取り付けられています。



9Fクオーツレギュラーコレクション初のセラミックスベゼル搭載モデル


ベゼルにセラミックスを採用したスポーティーな2モデルがレギュラーコレクションに加わります。9Fクオーツのレギュラーコレクションで、セラミックスをベゼルに使用した初のモデルになります。ビビッドな赤色と青色が差し色として印象的な本モデルは、それぞれ、飽くなき挑戦への燃え盛る情熱と、冷静さの中に秘めた情熱をイメージしており、数量限定モデル同様、デザインとスペックの両面でアクティブシーンにマッチします。


《商品特徴》
Sport Collection クオーツGMT セイコー創業140周年記念限定モデル



その他仕様
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgn023

Sport Collection クオーツGMT レギュラーモデル



その他仕様
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgn019
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgn021

【ムーブメント仕様】
クオーツムーブメント キャリバー9F86
時間精度:年差±10秒(気温5℃~ 35℃においてにつけた場合)
電池寿命:約3年
石数:9石

<お問い合わせ先>
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)
<グランドセイコー>の公式Webサイトアドレス
https://www.grand-seiko.com
<グランドセイコー> Sport Collection クオーツGMT セイコー創業140周年記念限定モデル 特設ページ
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/special/sbgn023/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ