セレブ愛用のデニムブランド、マザーがサザビーリーグと日本での独占販売契約を締結

2015.07.31

セレブも愛用するロサンゼルス発のデニムブランド「マザー(MOTHER)」と、「ロンハーマン(Ron Herman)」などを展開するサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結した。

デニム業界で豊富なセールス経験を持つリラ・ベッカー(Lela Becker)と、90年代後半に「ギャップ(GAP)」の「1969ジーンズ」を手掛け、デニムの流行を復活させたデザイナーのティム・カーディング(Tim Kaeding)によって10年にスタートした「マザー」。2人の専門知識とデザイン美学が組み合わされた同ブランドは、デビューから1カ月足らずで世界中のデニム愛好者から支持されるカルトブランドへと成長した。

アイテムのラインアップは、デニム(2万8,000円から3万5,000円)、デニムシャツ(3万円から)、Tシャツ(1万2,000円から)、デニムジャケット(3万5,000円から)、デニムスカート(2万8,000円から3万5,000円)など。

これらのアイテムは、これまで「エストネーション(ESTNATION)」や「アメリカンラグシー(AMERICAN RAG CIE)」などのセレクトショップ、主要百貨店で取り扱われてきたが、今後は日本国内でのセールスやPRを一元化することで、さらなるブランディングを推進させていくようだ。
HEW
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
  • 「マザー」とサザビーリーグが日本における独占販売契約を締結
ページトップへ