フラワーショップ併設、ロエベがジョナサン・アンダーソンによる世界最大の旗艦店をオープン

2016.12.15

ロエベ(LOEWE)がクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンによる新ストアコンセプトの世界最大規模となるスペイン初の旗艦店「カサ ロエベ マドリード」をオープンした。

ロエベのヘッドオフィスにも程近い、スペインの首都・サラマンカ地区の中心に位置する同ショップ。広さ1,000平方メートルの店内では、メンズ、ウィメンズ、アクセサリーの各フロアの他、エキゾチックレザーのアイテムやメイド・トゥ・オーダーコーナーなども展開する。内装には、クリーム色のスペインメイドの大理石や木材、国際的に活躍する敷物織職人のジェイソン・コリングウッド(Jason Collingwood)が織ったカーペットを始めとする温かみのあるニュートラルな素材などを採用。また、英国のオリジナルアンティークや、アンダーソンが選んだ

アンダーソンは同ショップのために、エドマンド・ドゥ・ヴァール(Edmund de Waal)、リチャード・スミス(Richard Smith)、グロリア・ガルシア・ロルカ(Gloria Garcia Lorca)などの作品を収集。その中でも最も有名だとされるハワード・ホジキン(Sir Howard Hodgkin)の過去・現在・未来をテーマにしたハンドペイントのアクアチント版画は、壁全体に広がるように展示された。また、店内には英国の教育者でフローリスト、作家でもあったコンスタンス・スプライ(Constance Spry 1886から1960年)の人生と功績にインスパイアされたフラワーショップも併設されている。
HEW
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
  • カサ ロエベ マドリード
ページトップへ