タグ・ホイヤーのアイコンウォッチ「アクアレーサー」が鮮やかなスタイル、新たな素材、新たな耐久性で登場

2021.04.09


https://tag.hr/2R5a92y
スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、スイス ジュネーブで行われた「Watches & Wonders(ウォッチ & ワンダー)」にて様々なシーンに対応するタグ・ホイヤーのラグジュアリーツールウォッチ「アクアレーサー プロフェッショナル300」を発表しました。自身の限界への挑戦や海の探検など、可能性を押し広げるアクティブでスタイリッシュなウォッチが、新たに鮮やかなスタイル、新たな素材、新たな耐久性で登場しました。

この時計は大胆でエレガント、高機能でありながら汎用性の高い、非常に堅牢な腕時計です。様々なシーンで取り入れやすいデザインで、厳しい自然環境に耐えうる設計は、タグ・ホイヤーのアヴァンギャルドな精神の象徴です。その特徴的な12面カットのベゼルに代表される、一目瞭然の印象的な美しさと高スペックを誇るアクアレーサーは、紛れもなくモダンなモデルでありながら40年以上の続くコレクション歴史を紡いできました。

この歴史は1978年に発売されたダイバーズウォッチ、ホイヤーRef. 844に始まります。このモデルのダイヤルデザインは特徴的で、レッドの24時間目盛り、光るアワーマーカー、安全な潜水時間を計るために見やすい分目盛り付きの回転式ダイバーズベゼルが備わっていました。信頼できるダイバーズウォッチの業界標準となり、世界中で多くのプロダイバーやアマチュアダイバーに採用されました。この時計の発売以来40年、世界一有名なシークレットエージェントも着けたナイトダイバーや1000シリーズ、2000シリーズなどの記念モデルを通じて、タグ・ホイヤーは常にダイバーズウォッチのデザインと性能の限界に挑戦し続けてきました。Ref. 844はコレクターに人気のタイムピースです。

Heuer Ref 844 (1978年) Heuer Ref 844 (1978年)
タグ・ホイヤーのCEO、フレデリック・アルノーは次のように語っています。「タグ・ホイヤーは大胆、高性能、スタイリッシュ、ラグジュアリーなツールウォッチを40年以上作り続けています。アクアレーサー プロフェッショナル300は、何年もかけてアクアレーサー コレクションを開発する中で、最も重要なステップとして人々に愛されるストーリーを取り上げ、それを発展させたものです。限界を押し広げ、高機能かつ大胆、紛れもない美しさ、そして極限まで一緒に進むことを約束する『アクアレーサー プロフェッショナル300』は、あなたを限界の向こう側へ導くウォッチです。すなわちこれは、自分自身を見つける場所なのです。」

「アクアレーサー プロフェッショナル300」 コレクションの立ち上げに際し、タグ・ホイヤーのデザイナーは、明白なコンセプトを持って取り組みました。それはタグ・ホイヤーならではの大胆、高性能なダイバーズウォッチを作り出すことです。さらに、タグ・ホイヤーのダイバーズウォッチの伝統を尊重しながら、デザインと素材を改良し、ユーザーの高い期待に応え、それを超えたいと考えています。

これは、アクアレーサー コレクションの6つの特徴的な機能をアップグレードすることを意味しています。1983年以来このコレクションは、逆回転防止ベゼル、ねじ込み式リューズ、200 m防水、発光インデックス、サファイアクリスタル、ダブルセーフティクラスプなど、ダイバーが深海で頼りにできる実用的な機能を常に提供してきました。


さらに、ベゼルのシルエットや8角形のアワーマーカーや12角形のリューズなど、他の要素にも活かされ、今や「アクアレーサー プロフェッショナル300」を象徴するデザインとなりました。このエレガントな統一性が、新しいウォッチのデザインに一貫性を与えています。

それだけではなく、全体的な外観と見やすさがさらに改善されました。新モデルでは2004年に発表されたタグ・ホイヤー 2000シリーズの最終型を彷彿とさせる、幅の太い剣型の時針と幅の細い分針を採用し、暗い場所でも2つの針が見分けやすいようになっています。より鮮明な表示を求めて、デザイナーは時針にグリーンのスーパールミノバ(R)を、分針にはブルーのスーパールミノバ(R)を選びました。リューズの保護も見直され、Ref. 844に似た、よりソフトで丸みを帯びたカッピングになりました。

こうした細かなディテールを組み合わせることで、視認性が大幅に向上するため、視界が極端に低下する状況でも、ダイバーは絶大な信頼感で時間を確認できます。


コンセプト段階で、タグ・ホイヤーのデザイナーたちは、「アクアレーサー プロフェッショナル300」が時計として信頼できるだけでなく、様々な環境に対応できなければならないと感じていました。その堅牢性と汎用性を求めて、ダイバーズウォッチを選ぶ方が増えていますが、同時に仕事でもプライベートでも着用できる時計も求められています。

そのことを意識して、デザイナーたちはアクアレーサーの全体的なフォルムをより薄く軽量にしました。300メートル防水(30気圧)など、ウォッチの基性能は損なうことなく、ケース、ベゼル、ブレスレットはすべてスリム化され、耐久性は向上させました。

ラグは短くなり、ケースのエッジは面取りとポリッシュ仕上げになっており、より一層時計のビジュアルと調和して、洗練された印象になっています。その結果、より軽量で人間工学に基づいた時計になりました。


「アクアレーサー プロフェッショナル300」のビジュアルの仕上げに、デザイナーたちは、2004年に初めて登場したアクアレーサーのケースバックにエングレーブされたダイビングヘルメットのモチーフに回帰しました。水中の探検家たちに長く愛されてきたアクアレーサーお馴染みの権威あるモチーフは、今も新しいユーザーにウォッチの価値を強調し続けています。

新デザインのファセットを反映し、ダイビングヘルメットをより角張った形状にして12面体のフェイスプレートを追加しました。その後ろには、6角形のモチーフが繰り返されています。ケースバックも常にケースと垂直になるので、ヘルメットは直立するようになっています。結果的に、これらの技術面や審美面のアップグレードにより、新しい「アクアレーサー プロフェッショナル300」は過去へのオマージュと未来に備えたモダンなデザインの両方を兼ね備えています。



新しい「アクアレーサー プロフェッショナル300」の洗練されたダイナミックな改善はデザインの基本だけにとどまりません。発表時、中心となるコレクションは7モデルと2サイズで展開されます。4モデルは、ケースの直径が43 mm、3モデルが36 mm。いずれもセラミック製インサートと刻まれた分目盛り付きの逆回転防止ベゼルを装備。

このうち6モデルはステンレススティール製で、ブラック、ブルー、シルバーのダイヤルが選べます。また、グリーンのダイヤルでハイテクマットグレード2チタン製、43 mm径のモデルもあります。ステンレススティールのモデルは、ブラックまたはブルーのセラミック製ベゼルインサートと12時位置にブルーのスーパールミノバ(R)を塗布したホワイトの三角形が配されています。チタンモデルは、グリーンのセラミック製ベゼルインサートで、12時位置にイエローの三角形が配されています、各分のインデックスはブルーのスーパールミノバ(R)が塗布され、視界が悪くても見やすくなっています。

アクアレーサー プロフェッショナル300 トリビュートアクアレーサー プロフェッショナル300 トリビュート
タグ・ホイヤーは「アクアレーサー プロフェッショナル300」の中心となるコレクション以外にも、デザインの素晴らしい伝統に敬意を表して、非常にコレクティブルなリミテッドモデルも同時に発表します。「アクアレーサー プロフェッショナル300 Ref.844 トリビュート」というモデルで、その名の通り1978年に発表された伝説的なダイバーズウォッチ、「Ref. 844」のストーリーを受け継いでいます。

この美しいウォッチを制作するにあたって、タグ・ホイヤーのデザイナーたちは、ハイテクグレード5チタン製ケースに、アーカイブ作品から多数のビジュアル要素を組み合わせました。フラットなブラックのダイヤルには、Ref.844から継承されたレッドの24時間目盛りが配されています。これは元々、現場のプロが24時間制の時計に対し、時間を報告するための手軽な換算表として作成されたものです。

このウォッチはオリジナルデザインを基に、ヴィンテージな夜光塗料と、時計とから素早く水を逃がすブラックのパンチラバーストラップを装備。ウォッチのファセットデザインを継承するため、このパンチ穴は八角形です。「アクアレーサー プロフェッショナル300 Ref.844 トリビュート」 は、わずか 844 本の限定生産です。

新しい「アクアレーサー プロフェッショナル300」コレクションの8モデルすべてに、タグ・ホイヤーの非常に信頼性の高いスイス製、自動巻機械式ムーブメント、キャリバー5が採用されています。時、分、秒の針、6時位置に日付を稼働、デザインは新世代のタグ・ホイヤーのウォッチにそろえています。どのモデルも、丈夫なケースバックで300 メートル(30気圧)防水です。

「アクアレーサー プロフェッショナル300」コレクションの発表は、タグ・ホイヤーのラグジュアリーツールウォッチ物語の新たな始まりです。大胆、洗練、高性能。これらは、限界を超えようと境界を押し広げ、自分を見つけられる場所に行きたいと願う新世代のダイバー、冒険者、都会の冒険者のためのウォッチです。そして、これは物語のほんの始まりにしかすぎません...

<アクアレーサー プロフェッショナル300>

https://tag.hr/2R5a92y


http://tag.hr/AQ_WBP201B
リファレンス :WBP201B.BA0632
価格:32万5,000円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / ステンレススティール製ケース / 300m防水 / ブルーサンレイダイヤル / ケース径43mm / 時、分、秒、日付表示 / ステンレススティール製3列ブレスレット


http://tag.hr/AQ_WBP201A
リファレンス :WBP201A.BA0632
価格:32万5,000円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / ステンレススティール製ケース / 300m防水 / ブラックサンレイダイヤル / ケース径43mm / 時、分、秒、日付表示 / ステンレススティール製3列ブレスレット


http://tag.hr/AQ_WBP208B
リファレンス :WBP208B.BF0631
価格:45万円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / サンドブラスト加工グレード2チタン製ケース / 300m防水 / グリーンサンレイダイヤル / ケース径43mm / 時、分、秒、日付表示 / グレード2チタン製3列ブレスレット


http://tag.hr/AQ_WBP201C
リファレンス :WBP201C.BA0632
価格:32万5,000円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / ステンレススティール製ケース / 300m防水 / シルバーサンレイダイヤル / ケース径43mm / 時、分、秒、日付表示 / ステンレススティール製3列ブレスレット


http://tag.hr/AQ_WBP231D
リファレンス :WBP231D.BA0626
価格:30万5,000円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / ステンレススティール製ケース / 300m防水 / ブラックラッカーダイヤル / ケース径36mm / 時、分、秒、日付表示 / ステンレススティール製3列ブレスレット


http://tag.hr/AQ_WBP231C
リファレンス :WBP231C.BA0626
価格:30万5,000円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / ステンレススティール製ケース / 300m防水 / ホワイトラッカーダイヤル / ケース径36mm / 時、分、秒、日付表示 / ステンレススティール製3列ブレスレット


http://tag.hr/AQ_WBP231B
リファレンス :WBP231B.BA0618
価格:36万円(税抜予価) 2021年6月下旬発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / ステンレススティール製ケース / 300m防水 / ホワイトラッカーダイヤル / ケース径36mm / 時、分、秒、日付表示 / ステンレススティール製3列ブレスレット

<アクアレーサー プロフェッショナル300 Ref. 844トリビュート>


http://tag.hr/AQ_WBP208C
リファレンス :WBP208C.FT6201
価格:47万円(税抜予価) 2021年9月発売予定
自動巻き、キャリバー5 / 約38時間パワーリザーブ / グレード5チタン製ケース / 300m防水 /ブラックオパーリンダイヤル、赤の数字入り / ケース径43mm / 時、分、秒、日付表示 / パンチング加工のブラックラバーストラップ

www.tagheuer.com
Twitter: @TAGHeuerJapan , Facebook: @TAGHeuer , LINE: @tagheuer
https://tag.hr/pr

お問い合わせ
LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー TEL : 03-5635-7054



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ