アジア最大のファッションイベントで、活躍する注目のローカルデザイナーとは?【シンガポールレポート1/2】

2014.06.05

シンガポールで年1回行われる、アジア最大と言われるファッションイベント「アジア・ファッション・エクスチェンジ(Asia Fashion Exchange)」が5月12日から18日まで開催された。

同イベントはランウエイ形式の「Audi Fashion Festival」、B to Bトレードショーの「Blueprint」、世界各国の主要陣を招いたパネルディスカッションの「Asia Fashion Summit」、そして若手デザイナー発掘イベントの「Audi Star Creation」の四つで構成されたもの。

香港、タイ、インドネシアといった近隣諸国からもソーシャライトやビジネス関係者が足を運び、最も華やかなにぎわいを見せる「Audi Fashion Festival」では、欧米から招致したデザイナーの他に、ローカルデザイナーの活躍が顕著だった。

「アシュレイ・イシャム(Ashley Isham)」は、本国シンガポールでは人気、知名度共に既に高いブランド。同名デザイナーのアシュリー・イシャムは、ロンドンのミドルセックス大学でファッションを学んだ後、2000年に自身のブランドをスタートした。ショーには台湾の人気モデル&俳優のゴッドフリー・ガオも登場。強くかつセクシーが持ち味のスタイルに、コンテンポラリーなエッセンスを加えた新作には、レースや豪華なエンブロイダリー、フラワープリント、マニッシュなチェック柄など彼のルーツであるシンガポールとロンドンのムードがブレンドされ、セルジュ・ルタンスの世界からインスパイアされたメイクアップと共に彼独自の美学を貫いていた。また、最後にモデルが一斉に倒れこむというフィナーレの演出も圧巻だった。

「ハンセル(hansel)」は、オーチャードロードに位置するマンダリンギャラリーにショップを構えるブランド。ショーでは「Audi Fashion Festival」の協賛企業でもある「SONY」のタブレット、xperiaやシャンパンを片手にポニーテールのモデルたちが笑顔いっぱいにウォーキングし、デザイナーのジョー・ソーの持ち味であるポップ&レトロな世界観を表現していた。今回のキーモチーフは、抽象的で手描きのように螺旋を描いた草木柄。そのモチーフがブランドのベースでもあるミニマルなワンピースやシャツにアクセントを加えていた。また、ビビッドなイエローやグリーンといったカラフルな色づかいをベルトやサンダルに合わせていたのも印象的。「hansel」は2003年にオーストラリアのファッションウィークでデビューして以来、「ELLE AWARDS Singapore」でデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞したり、ケイティ・ペリーや日本では栗山千明が着用するなど、自国のみならず海外でも知られるブランドだ。

「サタデー(SATURDAY)」は、文字通り週末にも着てみたい、シンプルでウエアラブルなブランド。デザイナーのニック・ウォンは2004年に初めて製作したウィメンズウエアで、シンガポールの「MERCEDES BENZ ASIA FASHION AWARD」の新人賞を受賞している。ドレープやアシンメトリーなどが持ち味で、柄は普段から使用せずモノクロームを中心としたテイストを打ち出している。今回はコットンやぬめりのあるレザーといった素材に、パネルのように布を重ねたりタックを入れてボリュームを出したタンクドレスやスカートを提案していた。

「Ong Shunmugam」は、2010年からスタートしたまだ若いブランド。オリエンタリズムをベースとしており、東南アジアの伝統的なテキスタイルを多用した異国情緒に、現代的な要素をプラスしたドレスライクなスタイルを提案している。ラインが美しいボディコンシャスなアイテムが多く、そこに柄と柄を大胆に組み合わせたパターンミックスで個性を演出していた。鮮やかなイエローやブルーの単色使いのセットアップや、幾何学模様をあしらったよりカジュアルなアイテムも提案。昨今では、香港の「DESIGN FOR ASIA AWARDS 2013」でグランプリを受賞するなど躍進が続いている。
近藤陽子 / The STYLE INSIGHT
  • アシュレイ・イシャム
  • アシュレイ・イシャム
  • アシュレイ・イシャム
  • アシュレイ・イシャム
  • アシュレイ・イシャム
  • ハンセル
  • ハンセル
  • ハンセル
  • ハンセル
  • ハンセル
  • サタデー
  • サタデー
  • サタデー
  • サタデー
  • サタデー
  • Ong Shunmugam
  • Ong Shunmugam
  • Ong Shunmugam
  • Ong Shunmugam
  • Ong Shunmugam
ページトップへ