ギターブランドフェンダーの隠れ家で開催された大人のバースデーパーティ!尾崎豊の「I LOVE YOU」を息子が歌う

2016.04.13

4月1日、今年もまたこの日がやって来た。エイプリルフール、ではなく、伊勢丹メンズ館に足繁く通う馴染み客なら誰もが耳にしたことがあるであろう、チャーリー・ヴァイス(CHALIE VICE)の誕生日だ。

伊勢丹メンズ館8階にサロンを構えるチャーリーは、誕生日を迎えるにあたり、自身のサロンを愛する人たちや仲の良い友人たちを招いたバースデーパーティーを企図。みんなの手元にはギターが描かれたインビテーションが届けられ、そこには“普段プロのギタリストしか立ち入る事のできない特別な場所”にみなさんを招いてパーティーを催したい、との記載が。何でも先日サロンで紹介した世界的ギターブランド、フェンダーミュージック株式会社(FENDER MUSIC CORPORATION)のエドワード・コール(EDWARD COLE)社長の粋な計らいで実現したとか。

迎えた当日、チャーリーの誕生日を祝おうと続々と会場に集まった面々。“音楽に酔いしれる一夜に似合うスタイル”というドレスコードの下、スタイリッシュなセットアップに身を包んだ人、レザージャケットをワイルドに羽織った人など、実に様々な着こなしが会場を彩った。皆一様に、道に迷ったなどと愚痴をこぼしていたが、それもそのはず、会場となったFENDER MUSIC BACKSTAGEは住所や電話番号も完全非公開の特別な場所。スマートフォンのマップで検索しても、曖昧な場所しかヒットしない。これではしようがない。

定刻になっても姿を現さない主役を尻目にパーティーはスタート。世界中を旅するチャーリーらしく、時間通りに登場しないのはお決まりという具合で皆慣れっこといった模様だ。進行役でありチャーリーの友人でもあるジョー横溝は、レギュラーDJを務めるInterFM897のラジオ番組を休んでまでお祝いに駆け付けたそうだ。

続いて登場したのは、快く会場を提供してくれたコール社長。「4月1日は私たちFENDER MUSIC CORPORATIONの1周年記念の日でもあり、チャーリーを愛する皆さんと共にこの日をお祝いできとても嬉しい」とコメント。またこの日会場では、特別にFENDER MUSIC BACKSTAGEのパスを発行。本来はプロのギタリストしか立ち入る事のできない場所であり、紹介者がいないとパスは発行されないが、申込書の紹介者の欄にはちゃっかりチャーリーのサインが。これもまた、チャーリーならではのサプライズといったところだろうか。

会場には数々のギターが展示されており、コール社長からはぜひ触れてみて欲しいと言われながらも、恐れ多いといった感じでじっくりと見て感嘆する人たちばかり。招待客の中には、アーティストを夢見て過去にバンドを組んでいたという人もちらほら居て、ギターを見る真剣な眼差しは若き日の面影を映し出すかのようだ。

依然姿を現さないまま、チャーリーからのサプライズは続く。インビテーションには、「僕の良く知るサプライズなアーティストにも声をかけている」とあったが、ここで登場したのはミュージシャンの尾崎裕哉。チャーリーとはまだ面識がなく、「父親(尾崎豊)が、昔ニューヨークで会ったと聞いた気がする・・」と曖昧な記憶を辿っていたが、チャーリー自身が裕哉の大ファンでそのことから今回招かれたのではと、進行役のジョー横溝がフォローする場面も。普段ライブなどで父親の曲を中心に披露することはほとんどないという裕哉は、集まったチャーリーの友人たちの年齢に配慮してか、代表曲である『I LOVE YOU』を含む4曲を歌い上げ、会場は父親譲りのその美声に酔いしれていた。

パーティーではチャーリーへのお祝いメッセージが読み上げられ、来場者たちもこぞってメッセージカードをしたためるも、肝心の主役は変わらず不在のままだ。そしていよいよ宴もたけなわといった頃に、チャーリーから連絡が入った!との声が。続いて進行役のジョー横溝が口にしたのは「チャーリー来ず」の一言。会場へ向かう途中、空港で寝入ってしまったというのだ。「エイプリルフールということで、小粋なウソをつこうと思っていたけど・・」と後悔の念を滲ませているそうだが、世界中を飛び回るチャーリーはやはりお疲れのようだ。

もうこうなったら来られないチャーリーを悔しがらせようとばかりに豪勢なケーキを持って登場したのは、チャーリーとは祖父同士が友人だったという、恵比寿のショコラトリー「ジョン カナヤ(JOHN KANAYA)」のオーナー金谷譲児だ。金谷の祖父ジョン金谷鮮治が経営していた伝説のレストラン「JOHN KANAYA麻布」で幼少期に誕生日のお祝いをした思い出があるというチャーリー。今回リクエストしたのは、ショコラトリーとして復活したJOHN KANAYAのボンボンショコラの封蝉で作った世界地図を模した斬新なケーキだ。祖父同士が会ったというパリ、金谷がチャーリーと会ったというニューヨーク、そしてパーティー会場のある東京が赤く記されている。

未だ明かされてないチャーリーの年齢を今日こそ聞けると期待していた来場者たちは、チャーリー来ずの連絡に落胆を隠せなかったものの、美味しい食事に舌鼓を打ち、主役自らが仕掛けた数々のサプライズに歓喜し、案外結果オーライだった?!と言わんばかりの満足そうな顔で会場を後にした。
畑 麻衣子
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • 恵比寿のショコラトリー「ジョン カナヤ(JOHN KANAYA)」のオーナー金谷譲児によって、誕生日ケーキが届けられた
  • 尾崎裕哉氏
  • 尾崎裕哉氏
  • 尾崎裕哉氏
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場の様子
  • フェンダーミュージック株式会社のエドワード・コール社長
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • パーティー会場の壁には貴重なギターの
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • パーティー会場入り口の様子
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • チャーリー・ヴァイス誕生日パーティー会場には貴重なギターが展示されている
  • 恵比寿のショコラトリー「ジョン カナヤ(JOHN KANAYA)」の誕生日ケーキ
ページトップへ