科学の発展、自然との共生、ジェンダーレスな世界。マンガで世界を変えた男「手塚治虫」の展覧会開催

開催日:2021.03.24-04.05
2021.03.27
科学の発展、自然との共生、ジェンダーレスな世界。手塚治虫が向き合ってきた人類の課題と可能性。マンガの世界はもちろん、様々な分野に大きな影響を与えた彼のクリエーションの原点にせまります。また、各界で活躍する著名人から寄せられたコメントやクリエーターとのコラボ作品を通して、現在も輝き続ける手塚作品の魅力を再確認。

3月24日(水)~4月5日(月)/9階 阪急うめだギャラリー
【企画制作協力】手塚プロダクション
◎入場料:一般800円、大学生・高校生・中学生600円(小学生以下無料・税込)

(C)Tezuka Productions
【手塚治虫】名:手塚治。1928年11月3日、大阪府豊中市生まれ。大阪大学医学専門部卒業。医学博士。1946年「マアチャンの日記帳」でデビュー。1947年「新寳嶋」が大ヒットする。以来、日本ストーリーマンガの確立に尽くす。また、アニメーションの世界でも、大きな業績を残す。代表作に「鉄アトム」をはじめ「リボンの騎士」「火の鳥」「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」等がある。1989年死去。

■手塚治虫の原画とそこに秘められた想い:人気漫画の直筆原稿とそこに込められたチャレンジ精神、メッセージをご紹介します。

鉄腕アトム(初出:1952年)鉄腕アトム(初出:1952年)(C)Tezuka Productions
火の鳥(初出:1954年)火の鳥(初出:1954年)(C)Tezuka Productions
リボンの騎士(初出:1953年)リボンの騎士(初出:1953年)(C)Tezuka Productions
ブラック・ジャック(初出:1973年)ブラック・ジャック(初出:1973年)(C)Tezuka Productions
また、”現代に息づく手塚クリエーション”とし、琳派のテクニックを生かした作品やイラストレーターとのコラボなどジャパニーズアートと融合した新たな手塚ワールドを発信、さらに、各界の著名人から寄せられた、手塚治虫の魅力「私はここに影響を受けた」を会場内に展示します。

■多彩なキャラクターに囲まれて暮らす:人気作品の公式グッズや、キャラクターが描かれた九谷焼、落雁などをそろえて。

パンク・アトム 1,980円パンク・アトム 1,980円 (C)Tezuka Productions

フェイスポーチ(火の鳥・ジャングル大帝)各1,078円フェイスポーチ(火の鳥・ジャングル大帝)各1,078円 (C)Tezuka Productions
図案スケッチブック(B6)605円図案スケッチブック(B6)605円 (C)Tezuka Productions


企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ