イッセイ ミヤケが新宿伊勢丹など国内4ヶ所でポップアップ開催、会場には松本秋則による“音の出る木”を設置

2016.04.03

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)が3月30日より阪急うめだ本店1階のコトコトステージ11他で、2016春夏コレクション「Botanical Delights」を取り扱うポップアップショップをオープンした。

同コレクションは、ジャングルに生い茂る“植物”の旺盛な生命力からインスピレーションを得て製作されたもの。カラフルな紙の糸のフリンジを用いたジャケット(16万円)やトップス(8万円)、スカート(10万円)、ネックレス(2万2,000円)、バングル(1万8,000円)、イヤリング(1万2,000円)や、ジャングルのプリントを施したTシャツ(1万9,000円)、ウッドバングル(2万5,000円)、ウッドネックレス(2万8,000円)などのアルミと木を組み合わせたアクセサリーなどに加えて、阪急うめだ本店、伊勢丹新宿店限定のドレス(15万円)も展開される。

今回のポップアップショップでは、造形作家の松本秋則を迎え、木や竹から作られた音の出る装置「サウンド・オブジェ」で会場を盛り上げる。2016春夏コレクションの通常アイテムに加え、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店ではフリンジのドレス(15万円)も限定発売される。

なお、ポップアップショップは3月30日から4月5日まで阪急うめだ本店1階のコトコトステージ11で開催後、4月1日から5月9日まではELTTOB TEP ISSEY MIYAKE/GINZA、4月13日から19日までは伊勢丹新宿店本館4階のセンターパーク/ザ・ステージ#4、4月14日から5月9日まではISSEY MIYAKE/KOBEにて開催される。
HEW
  • イッセイ ミヤケが16SSコレクション「Botanical Delights」を取り扱うポップアップショップをオープン
ページトップへ