パリジェンヌのお気に入りバッグに変化あり! 定番スタイルが格上げするテクニックを拝見【パリスナップ】

2021.03.18

フランスで初めてのロックダウンが施行されたのは2020年3月中旬。1年の間に外出禁止、マスク着用、飲食店の営業停止と何度も規制が敷かれ、生活は激変。3月1日から10日に開催された2021-22年秋冬シーズンのパリファッション・ウィークは、ウィメンズでは初となる完全デジタル形式での開催となった。加えて、2020年10月下旬からは、夜間外出禁止(18時〜翌朝6時)と、飲食店と2万㎡以上の商業施設百貨店など)の閉鎖、公共の場でのマスク着用が必須といった状況に。もちろん、今季は海外からの渡航者はほぼなく、フィジカルなショーも開催されなかったことから、例年のようなオフランウェイの光景を見ることは出来なかった……。

コレクションでは、“プロテクション”や“コンフォート”といった、ポストパンデミックの生活と着る人の気持ちに寄り添うキーワードが浮上。そんな装いの変化は、ファッション業界人のみならず、地元のパリジェンヌからも既に伺える。そこで今回の【パリスナップ】では、週末のマルシェヴィンテージショップ巡りを楽しむリアルなパリジェンヌのスナップをお届け!

数シーズン前、ジュエリー感覚で持つマイクロミニバッグがトレンドとなっていたものの、アルコール消毒液や除菌シート、替えのマスクなど外出時に持ち歩く品が増えたことが影響してか、バッグはB6サイズくらいの実用的な大きさへとやや変化。そして、パリジェンヌのお気に入りは、両手を空けることができるショルダーバッグに一点集中しているよう。早速チェックして。


1. クロエ・パリアント(ファッション・デザイナー)


パリ発メンズウエアブランド、アルボ(Arbo)のファウンダー兼デザイナークロエは、ヴィンテージの洋服とアクセサリーをミックスした60年代風スタイル。ヴィンテージのクレージュ(Courrèges)に、これまたヴィンテージのスカーフを2枚合わせて個性的に。新クリエイティブ・ディレクター、ニコラス・デ・フェリーチェ(Nicolas Di Felice)によって今季より生まれ変わったクレージュは、フランスで評価が高く、再燃間違いなしのブランド!


2. エヴァ・コート(女優)


メンズのコートとメンズライクなシューズでマスキュランな中に色気を感じさせるエヴァ。落ち着いたトーンのコーディネートに差し色で持ってきたイエローのバッグがポイント。ショルダーを短めにして、バッグを胸辺りの位置に固定するとスタイルアップ効果も。


3. アギャット・ラポルト(科学者)


前季のパリコレスナップで多く見かけたホワイトデニムは、パリジェンヌが一着は持っている往年の人気アイテム。ミニマルでシンプルなコーディネートに、メンズのボディバッグを合わせるだけで一気に旬なムードに! メンズのアイテムを着用するのは、もはやパリジェンヌの定番になりつつあるよう。


4. マリー・チボー(学生)


学生のマリーは、バイカラーのトレンチ風コートに、ドクターマーチンDr.Martens)のブーツというロンドンチックな雰囲気。カラフルなショルダーストラップが目を引くバッグは、ヴァレンティノ(Valentino)のもの。クラシックなコーディネートも、色で遊びを利かせればスタイリッシュに様変わり。


>>その他の【パリスナップ】はこちらから

【プロフィール】
ELIE INOUE
パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける。主な寄稿媒体はFASHION HEADLINE、WWD Japan、ELLE Japan等。


ELIE INOUE
ページトップへ