ジョルジオ アルマーニからモノグラム柄とデニムの意外な組み合わせが楽しめるメンズコレクションが登場

2021.03.17
ここ数年、ジョルジオ アルマーニから毎シーズン登場するデニムコレクション。今季は、ロゴが全面にちりばめられたモノグラムデザインアイテムがそろいます。洋服だけでなく、キャップやスリッポンなどの小物まで幅広いラインアップ。このコレクションからは、デニム生地のアイテムはもちろん、柔らかな着心地を求める方にぴったりの「デニム風」に仕上げられたジャージー素材やスウェット素材のアイテムも登場。モノグラムが様々なアイテムとテクスチャーで楽しめます。

キャップ税抜き50,000円 税込み55,000円 パーカー税抜き170,000円 税込み187,000円キャップ税抜き5万円 (税込み5万5,000円) パーカー税抜き17万円 (税込み18万7,000円)
スウェットパーカーとキャップを合わせたコーディネートは、OFFの日のスポーティな装いにぴったり。大胆なモノグラムデザインは、OFFの日の自由な気分にぴったりのコーディネート。スウェットパーカーはインディゴカラーのジャージー素材で柔らかな着心地です。

パーカー税抜き170,000円 税込み187,000円 パンツ税抜き95,000円 税込み104,500円 スニーカー税抜き83,000円 税込み91,300円パーカー税抜き17万円 (税込み18万7,000円) パンツ税抜き9万5,000円 (税込み10万4,500円) スニーカー税抜き8万3,000円 (税込み9万1,300円)
ブルゾン税抜き260,000 税込み286,000円 Tシャツ77,000円(税込み84,700円)ブルゾン税抜き26万円 (税込み28万6,000円) Tシャツ7万7,000円(税込み8万4,700円)
ハリのあるインディゴデニムを使ったブルゾンとバミューダパンツ。スクエアの中に丸いGAマークを入れたパターンや、ラウンドの大小のGAマークのモノグラム。きらりと光る家紋を想起させるような銀糸を使ったロゴが、深いインディゴカラーのデニム生地によく映えます。ジョルジオ アルマーニは日本の伝統を敬愛しており、例えば、着物からインスピレーションを得た洋服を発表していたり、アルマーニ / カーザでは、日本人が日々の暮らしの中で慣れ親しんでいる箸や湯飲みといったアイテムを発売しています。

バミューダ税抜き120,000円 税込み132,000円 スニーカー税抜き83,000円 税込み91,300円 バミューダ税抜き12万円 (税込み13万2,000円) スニーカー税抜き8万3,000円 (税込み9万1,300円)
ハリのあるデニム生地のバミューダパンツはタック入りなので、タックが入ることでカジュアルさの中に少しのフォーマル感をプラスしています。また、シンプルなアウターとの相性が抜群で、気軽にワードローブに加えることができるコットンジャージーのTシャツなど、使い勝手のいいアイテムも登場しています。この春は、いつものデニムスタイルに変化を取り入れてみてはいかがでしょうか?

ジョルジオ アルマーニのデニムコレクションは、全国のジョルジオ アルマーニブティックで発売中です。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ