シュウウエムラのヒットファンデから新製品。仕上がりの秘訣はドーム型スポンジ

2014.06.14

シュウ ウエムラ(shu uemura)」は、「ザ・ライトバルブ」シリーズから新たなクリームファンデーション「ザ・ライトバルブ オレオパクト ファンデーション」(SPF25/PA+++、5,500円)を8月22日に発売する。

同シリーズより2013年に登場した、「ザ・ライトバルブ フイルド ファンデーション&スポンジ」は多くの女性のニーズである高いカバー力と自然なツヤを叶えるファンデーションとして開発され、発売から5日間で売上目標をクリア、当初見込んだ1.5倍のスピードで売上を伸ばしたヒット商品となった。

今回の新製品では、従来のカバー力とツヤの両立に加え、長時間くすみにくい仕上がりを追求した。研究を重ねた末、いつまでも付けたての色が持続するようにと採用されたのが、ノン ウォーター設計。水分配合量0%のため、肌の水分を蒸発させずコンディションを長時間キープできる効果がある。また、原料には厳選した複数のオイル成分を配合し、くすみ、カバー力、ツヤの他に、保湿や軽やかな付け心地も目指した。カラーは全16色がそろう。

また、「ザ・ライトバルブ ドーム スポンジ」(650円)も同時発売。日本の熟練のスポンジ職人の協力により誕生したこのドーム型スポンジは、メイクアップアーティスト達が指でスポンジを挟んで使っていたことをヒントに開発された。肌に当たる面を丸く作ることにより、ファンデーション量をコントロールし、自然なグラデーションを薄付きで簡単に仕上げることが可能になった。

加えて、コンシーラー「カバー クレヨン」(3,000円)も新色4色が同日に発売される。製品発表会でデモンストレーションを行ったインターナショナル チーフ メイクアップ アーティストの浅野裕司によると、モーヴカラーは白浮きせずに血色のある透明感が出せる効果があるので、鼻筋や眉下にハイライトとして使用するのがおすすめ。ピンクカラーは、小の溝の毛穴が開くことにより発生する赤色の影を、綺麗な色に整える効果が。アプリコットカラーは黄ぐすみができている部分へ使うと効果的。
編集部
  • 「ザ ライトバブル」シリーズより新アイテム登場
  • 「ザ ライトバブル オレオパクト ファンデーション」、「ザ ライトバブル ドーム スポンジ」
  • ザ ライトバブル オレオパクト ファンデーション
  • 「カバー クレヨン」新色(左から)3YR ライト/3YR ミディアム、 3YR ミディアム ダーク/5YR ダーク、モーヴ/ローズ、アプリコット/サンド
ページトップへ