雑誌『KINFOLK』編集長による期間限定ショップが伊勢丹メンズ館にオープン

2015.11.09

アメリカポートランド発のライフスタイル誌『キンフォーク(KINFOLK)』の編集長ネイサン・ウィリアムが手掛ける期間限定ショップ「Slow Design for Men's Living by Nathan Williams」が伊勢丹新宿店メンズ館1階に11日オープンする。会期は24日まで。

家族や親しい人を意味する『キンフォーク』と名付けられ、11年に創刊した同誌は世界中の多くの人々から支持されるライフスタイルを代表する雑誌のひとつ。昨今、日本でも広がりつつある“スモール ギャザリング~小さな集い~”をサブタイトルに掲げ、家族や友人たちとの時間をゆったりと過ごす為のアイデアが詰まった誌の世界観をそのままに、本イベントでは、ネイサン自身がクリエイティブディレクターを務めるライフスタイルブランド、アウアー(Ouur)のウェアを始め、同店で取り扱うブランドの中から同じ世界観を共有できるアイテムを独自にセレクトし展開する。

また、アウアーでは“オフホワイト”をテーマにした限定コラボレーション企画を実施。サイ(scye)、ティーエスエス(ts(s))、エヌ・ハリウッド(N.Hoolywood)、ファクトタムFACTOTUM)、スズキタカユキ(suzuki takayuki)、コズミックワンダー(COSMIC WONDER)と製作したアウターを販売。同商品は、ネイサンがセレクトしたタスマニアウール100%のオリジナル生地が使用されており、素材、デザインともに希少性の高いアイテムが集結する。

その他、“今の日本の卓”を意識した滋賀・信楽焼きのテーブルウェアや、陶器などのホームコレクションも展開。まるで雑誌から飛び出したような世界観を体現できる空間になりそうだ。
編集部
  • 雑誌『キンフォーク』編集長による期間限定ショップが、伊勢丹メンズ館に期間限定オープン
  • 雑誌『キンフォーク』編集長による期間限定ショップが、伊勢丹メンズ館に期間限定オープン
  • 雑誌『キンフォーク』編集長による期間限定ショップが、伊勢丹メンズ館に期間限定オープン
  • 雑誌『キンフォーク』編集長による期間限定ショップが、伊勢丹メンズ館に期間限定オープン
  • N.Hoolywood 7万3,440円(税込)
  • ts(s) 10万2,600円(税込)
  • 雑誌『キンフォーク』編集長による期間限定ショップが、伊勢丹メンズ館に期間限定オープン
  • 雑誌『キンフォーク』編集長による期間限定ショップが、伊勢丹メンズ館に期間限定オープン
  • 滋賀県・信楽焼のテーブルウェア
  • 陶器のホームコレクション
  • 『KINFOLK』編集長ネイサン・ウィリアム
ページトップへ