歴史と季節を色濃く感じる京都で新しいコーヒー体験。ブルーボトルコーヒー京都カフェの予約制フロアでコースメニューを楽しむ

2021.03.02
ブルーボトルコーヒージャパン合同会社は、2021年3月20日にブルーボトルコーヒー 京都カフェ はなれ 2階に「The Lounge -Kyoto-」(ザ ラウンジ キョウト)をオープンいたします。


ブルーボトルコーヒー日本国内8番目の店舗目、そして初の関西店舗としてオープンした京都カフェ。南禅寺にほど近く、築100 年を超える2層構造の伝統的な京町屋をリノベートしたカフェは、重厚な柱や梁が整然と組まれた美しい骨組み、荒々しいながらも趣深く剥き出しになった土壁など、既存の建物を生かした演出を随所でお楽しみいただくことができ、2018年3月のオープン以来、その開放感溢れる空間の中で数多くのゲストに心に残る美味しさをお届けしてきました。

この度、新しいコーヒー体験をお届けしたいという思いから、 歴史と季節を色濃く感じる事ができる特別な立地と空間である京都カフェのはなれ2階に、世界中のブルーボトルコーヒー カフェの中で、 ここでしか体験できないコーヒーコースをご用意致しました。最新の理論と伝統的な抽出方法で提供するコーヒーと、季節を感じさせる デザートを召し上がっていただき、脈々と受け継がれるコーヒーの歴史や思いを感じながら、お楽しみいただけたらと考えております。

「The Lounge -Kyoto-」は、京都カフェの道路に面したはなれの2階を、京町屋の持つあたたかみのある雰囲気はそのままに大胆にリノベーションした空間です。これまでも数々のコラボレーションをさせていただいている、徳島県の藍染ブランド BUAISOUにご作成いただいたのれんをくぐり 2 階へ上がると、ご予約のお客さまのみがお入りいただける7席のラウンジへ。デザインは京都カフェと同じくスキーマ建築計画が担当し、中庭に向かう自然光が差し込む大きなガラス窓や、畳素材のフロア、コントラストを加えるシャープなイメージのKnollのワイヤー チェアなど 、非日常感を味わっていただきながらも、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことができるフロアになりました。

EXCLUSIVE COURSE The Lounge -Kyoto- 限定コース


「The Lounge -Kyoto-」では、ブルーボトルコーヒーで世界初となるコースメニュー「コーヒーコース -3種のコーヒーと季節のデザート-」をご提供いたします。選りすぐりのコーヒー豆を使用し抽出方法を変えて提供する3種のコーヒーと、季節のデザート2種をコースでお楽しみいただき、 スペシャリティコーヒーの可能性をご体験いただけるコースとなります。コーヒーは、まずフレーバーをそのまま楽しんでいただきながら、その後ご自身のお好みに合わせてカスタムいただくことが可能となります。コーヒーとの相性を考え開発されたデザートは、季節ごとにメニューが切り替わり、四季折々の魅力を感じていただける内容となります。

The Lounge - Kyoto - ご予約方法
ご予約サイトURL:https://yoyaku.toreta.in/bbc-kyotocafe
ご予約枠:9:00/10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00 ※約90分のコースとなります。
席数について:テーブル席2席/カウンター席5席 最大7名さまの予約が可能です。
ご予約について:2ヶ月先までご予約可能となります。キャンセルは前日の18:00まで承ります。
空き枠がある際は当日のご予約も承ります。その場合はカフェまでお電話(075-746-4453) にてご確認ください。

CAFE INFO
ブルーボトルコーヒー 京都カフェ
〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町64
席数 カフェ:44席 The Lounge - Kyoto -:7席

KYOTO CAFE EXCLUSIVE ITEM 京都カフェ限定アイテム


京東都 × Blue Bottle Coffee オリジナルハンドタオル -京都カフェ-
1,700円
京都カフェ はなれのリニューアルを記念した、ハンドタオルを京都カフェ限定で発売いたします。京都の新しい文化継承のかたち・刺繍の可能性を考えることから始まった、京都の刺繍ブランド「京東都」とコラボレートし制作した、京都カフェのイラストの刺繍入りハンドタオルは、泉州タオルを使用し、ふちには同色の織り柄を入れました。使い勝手の良いハンドタオルは、京都カフェへお越しいただいた思い出に、またギフトにもおすすめです。

ABOUT BLUE BOTTLE COFFEE ブルーボトルコーヒーとは
ブルーボトルコーヒーは2002年に、創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生しました。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してまいりました。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を行っています。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ボストン、ソウル香港東京横浜、京都、神戸で100店舗以上を展開しています(2021年3月現在)。

BLUE BOTTLE COFFEE 公式 オンラインストア:https://store.bluebottlecoffee.jp/
BLUE BOTTLE COFFEE 公式インスタグラム:http://instagram.com/bluebottlejapan

ブルーボトルコーヒー カフェ一覧
(3月1日現在は表記より席数を減らして営業しております)

・清澄白河フラッグシップカフェ (2015/2/6)
〒135-0023 東京都江東区平野1-4-8
店舗面積 184.27m²
席数 47席

青山カフェ (2015/3/7)
〒107-0062 東京都港区南青山3-13-14
店舗面積 214m²
席数 80席

新宿カフェ(2016/3/25)
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6
店舗面積 155.19m²
席数 30席

六本木カフェ(2016/9/16)
〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7
店舗面積 138.91平方メートル
席数 27席

中目黒カフェ(2016/10/27)
〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-23-16
店舗面積 417.78平方メートル (カフェエリア:61.49m²)
席数 40席

品川カフェ (2016/11/15)
〒108-0075 東京都港区港南2-18-1
店舗面積 165.80 平方メートル
席数 27席

三軒茶屋カフェ(2017/10/27)
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18
店舗面積 93.97m²
席数 33席+テラスエリア

・京都カフェ (2018/3/23)
〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町64
店舗面積 452.98平方メートル (カフェエリア:64.98m²)
席数 44席

・神戸カフェ (2018/7/20)
〒650-0039 神戸市中央区前町1
店舗面積 217.8平方メートル
席数 63席

・目黒カフェ (2018/8/17)
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-2-19 1F
店舗面積 69.33 平方メートル
座席数 19席

神田万世橋カフェ(2018/12/7)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25-4
店舗面積 24.91平方メートル

池袋カフェ(2019/3/22)
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-23-7
店舗面積 65.01平方メートル
席数 9席

恵比寿カフェ (2019/7/19)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿館1階
店舗面積 85.07 平方メートル
席数 21席

銀座カフェ (2019/8/16)
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F
店舗面積 117.79 平方メートル
席数 48席

・京都六角カフェ (2019/12/13)
〒604-8135 京都市中京区東洞院六角上る 三文字町226-1
店舗面積 90.47平方メートル
席数 25席

広尾カフェ (2020/6/11)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾 5-4-16 THE RESTAURANT 1F
店舗面積 95.70平方メートル
店内席数 28席

・NEWoMan YOKOHAMA カフェスタンド (2020/6/24)
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目1番1号 NEWoMan YOKOHAMA 1F
店内席数:なし *POP-UPカフェスペース(26席)

・京都木屋町カフェ (2020/7/23)
京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町 310-2 立誠ガーデン ヒューリック京都 1F
店舗面積 123.29m²
店内席数 30席

・竹芝カフェ
〒105-7503 東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー 3階
店舗面積 92.06平方メートル
店内席数 22席

みなとみらいカフェ
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-5-1
MARK IS みなとみらい GL 階
店舗面積 114.13m2
店内席数 屋内26席 、 屋外ベンチ席(2~3名用)×12台



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ