10月14日は永作博美の誕生日です

2014.10.14

女優の永作博美は、1970年10月14日生まれ。茨城県行方郡麻生街(現・行方市)出身。

永作は1988年、バラエティー番組「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞。翌1989年に「田代まさしのパラダイスGoGo!!」で行われたタレント育成講座・乙女塾のオーディションに合格し、同グループの1期生としてデビュー。メンバーの松野有里巳、佐藤愛子達と共にアイドルグループ・リボンを結成し、セカンドシングル「そばにいるね」以降はセンターを務めるが、1994年頃グループが消滅してしまった。

デビュー時こそアイドルという形だったが、永作は徐々に女優としての才能を開花していく。1995年に放送されたドラマ「さんかくはぁと」では、持ち前の童顔を活かし、当時24歳にもかかわらず女子高生の七海郁子役を演じて話題に。また、1996年にドラマ「ひとり暮らし」での演技が評価されてテレビ情報誌『ザテレビジョン』を発行するKADOKAWA主催のザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演女優賞を受賞したのを皮切りに、数々の賞を獲得していく。そして、2011年には遂に映画『八日目の蝉』の野々宮希和子役で、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

また、10月14日よりスタートするドラマ「さよなら私」では、星野友美役で主演。敏腕映画プロデューサーとして活躍する親友と中身が入れ替わってしまった専業主婦という難しい役どころに挑戦する。なお、同ドラマはNHK総合で毎週火曜午後10時から10時48分まで放送する。

近年は40代になっても若々しい容姿にも注目が集まっており、女性誌でも活躍。数々の表紙を飾っている。

私生活では2009年4月、映像作家の内藤まろと結婚。2010年5月18日に第1子男児、2013年6月18日に第2子女児を出産している。
原田@HEW
  • 永作博美
ページトップへ