ディオールを存分に味わえる大展覧会、銀座でいよいよスタート

2014.10.29

ディオール(Dior)」は、東京・銀座にて大規模展覧会「エスプリ ディオール-ディオールの世界」を10月30日から開催する。28日に内容が公開された。

本展は地下1階から地上3階まで4層にわたり、ドレス、アクセサリー、フレグランス、写真やデザイン画などディオールの膨大な資料を通じて、1947年より始まったクリスチャン・ディオールの時代から、現代の後継者であるラフ・シモンズまでメゾンの軌跡を辿る。

1階から2階は「ディオールと日本」「ディオールと芸術家たち」など12セクションに沿って歴史を綴る。メゾンを象徴する“バー(Bar)スーツ”を始めとし、1945SSに発表された花の刺繍のイブニングドレス“ミス ディオール”などの他、ディオールのビジュアルイメージを創出した伝説的アーティスト、ルネ・グリュオー(Rene Gruau)のイラストや、ディオールを長年撮り続けているパトリック・デマルシェリエの写真、映像などが披露される。

3階には1995年に誕生したメゾンのアイコンバック「レディ ディオール」の物語を世界の様々な都市を舞台に制作した作品を展示。日本人からも、彫刻家の名和晃平、フラワー アーティストの東信、現代美術家の宮永愛子など様々なアーティストが独自のスタイルでディオールへオマージュを捧げている。写真集など関連書籍も販売する。

地下1階「ディオールのアトリエ」セクションでは、伝統技術と最新技術を組み合わせ、美が生み出される製作過程にフィーチャー。フロアの一部にはアトリエを再現し、期間中週代わりで実際にパリのアトリエで働いている職人達が来日。クチュールの縫製技術や、香水瓶を一つひとつ仕上げていく細やかな手仕事を間近で見ることが出来る。職人と対話することも可能だ。

また、スマートフォン用無料アプリ「Esprit Dior Tokyo」を配信。展覧会概要、写真、インタビューなどを閲覧することが可能だ。会場はWi-Fiがつながる。


【イベント情報】
エスプリ ディオール-ディオールの世界
会場:玉屋ASビル地下1階から3階
住所:東京都中央区銀座3-5-8
会期:10月30日から2015年1月4日(12月11日、1月1日は休館)
時間:10:30から20:00(最終入場時刻 19:30)
入場無料
※日程によりイベント準備のため、18:00(17:30最終入場)もしくは19:00(18:30最終入場)に閉館する場合あり。
編集部
  • 1階「ディオールと芸術家たち」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 2階「ディオールのガーデン」セクション
  • 2階「ディオールのガーデン」セクション
  • 3階「レディ ディオール」のセクション
  • 香水瓶の装飾を行う職人技術を見ることが出来る
  • クチュールの縫製技術を間近で見ることが出来る
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 「エスプリディオール-ディオールの世界」展開催
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 「エスプリディオール-ディオールの世界」展開催
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 1階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 2階展示フロア
  • 3階「レディ ディオール」のセクション
  • ニコラ・ミレエの手掛けた「レディディオール」
  • ヴァンサン・ボーランの手掛けた「レディディオール」
  • 鬼頭健吾の手掛けた「レディディオール」
  • 3階「レディ ディオール」のセクション。関連書籍の物販コーナーも
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 地下1階「ディオールのアトリエ」セクション
  • 「エスプリディオール-ディオールの世界」展外観
  • 「エスプリディオール-ディオールの世界」展開催
ページトップへ