ポール・スミスとレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジがコラボスカーフ披露。お互い感無量

2014.10.08

レッド・ツェッペリンの最新リマスタリングシリーズの続編発売を記念して、同バンド・ギタリストのジミー・ペイジと50年近い親交があるというポール・スミスPaul Smith)が、バンドとのコラボレーションアイテムを発表した。

発表場所となったのは表参道のPaul Smith SPACE。全世界に先駆けての東京での発表に、デザイナーのポール・スミスとジミー・ペイジの2人も国から駆け付けた。

伝説のバンドと世界的ファッションブランドコラボレーションによって誕生したのは、6種類のアートワークをプリントした1.5×1.5mの大判スカーフ

2014年6月からスタートしたリマスタープロジェクトの第1弾『レッド・ツェッペリン』『レッド・ツェッペリン2』『レッド・ツェッペリン3』と、10月29日に発売となるリマスタープロジェクトの続編『レッド・ツェッペリン4』『聖なる館』の計5作品のジャケットビジュアルを元にデザインしたものに、今回のコラボレーションのためにデザインされた全く新しいデザインの1枚を加えた全6枚のスカーフ(7万3,000円)は、いずれも全世界で50枚の限定販売となる。

これに関してポールは、「数が少ないから取り合いになると思うよ!」とコメント。それでも生産枚数を限定した理由を訊かれると、「だって、ジミーは僕にとって特別な存在だから」と笑顔を見せた。

ジミーによると、2人が最初に出会ったのは1967年のこと。アメリカ・サンタバーバラでライブ中だったジミーは、共通の友人からポールを紹介されてすぐに意気投合したという。この話を傍で聞いていたポールは、「お互い、『世界で活躍するイギリス人』っていう共通点があったから、仲間意識が芽生えたんだよね」と当時を懐かしそうに振り返った。

また、「その頃、巷には無難な洋服しかなかったから、ジミーのためにステージ映えする洋服を作ったこともあるよ!だから今回コラボレーションできたうれしさもひとしおなんだ」と微笑んだ。

これを聞いた報道陣から、「その当時の自分達にとっては、ここで今、2人で話しているなんて想像できなかったこと!」と質問されると、「全く想像できなかったね」とポール。しかし、それから50年近く経った今なお世界中から支持される音楽やファッションを生み続けている彼らにとって、「クリエーティブの世界で評価され続けること」は必然のことだ。その秘訣を尋ねられたポールは、「仕事に対して情熱を持つこと。これに尽きるね。自分が心から愛せるものを作ることだよ」と即答。今回のコラボレーションにおいても、1枚1枚のスカーフに並々ならぬ情熱を捧げ、細部までこだわって形にした。

そのこだわりの強さゆえ、会見中も報道陣一同に1枚1枚の図柄を余すところなく見せようと、2人で協力して大判スカーフの端と端を持つ姿が何度も見られた。
松本玲子
  • 往年のバンドファンは全デザインほしくなるはず
  • コラボレーション発表会に出席したポール・スミス(右)とジミー・ペイジ
  • 女性ファンを瞬殺する笑顔
  • 報道陣に向かってスカーフを広げてみせる2人
  • 『レッド・ツェッペリンII』
  • 一生の宝物になりそうな一枚
  • 『レッド・ツェッペリン III』
  • ジミーも出来栄えに大満足
  • 会見中も終始にこやかな2人
  • お互いがお互いを尊敬していることがよく分かる一枚
  • メガネ姿もステキ
  • 真剣な表情もまたいい
  • 長年の友人ならでは醸せる穏やかなムード
  • 『レッド・ツェッペリン III』(左)
  • 固い絆で結ばれた2人
  • 立ち姿も様になる
  • 男女ともに見習うべき満開の色気!!
  • 試着してみせるお茶目な2人
ページトップへ