ジョーダン ブランドとファセッタズムがコラボレーション、フットウェアとアパレルアイテムを発売

発売日:2020.12.28
2020.12.22
ジョーダン ブランドJORDAN BRAND)と、ファセッタズムFACETASM)によるコラボレーション「Jordan “Why Not?” FACETASM コレクション」がリリースされる。同コレクションでは、フットウェアと、トラックスーツ、ジャケット、フーディ、T シャツといったアパレルアイテムがお目見え。

「JORDAN WHY NOT ZERO.4 PRM PF」(1万7,500円)
今回のイラストが入ったクリエイティブは、日本人アーティスト・コイン パーキング デリバリー(COIN PARKING DELIVERY)が担当。
スマホのアプリを使って作品を作るというユニークなスタイルを持ち、新しい世代を象徴するアーティストだ。

ラッセル・ウェストブルックの最新シグネチャー シューズ「Jordan “Why Not?” Zer0.4」。

“Why Not?” Zer0.4 のソール部分には、プレー中の反発性とクッション性を高めるために、ズーム エア バッグが二重に用いられている。ウェストブルックにとって、バスケットボールとスタイルは別のものではなく、同一のものなのだそうだ。彼は次のように話す。

「私のシューズをデザインするときには、自分がどういう人間であるかをしっかりと表現します。このシューズとこのコレクションの気に入っている点は、いろいろな素材を使っていながら、シューズの機能性をしっかりと優先させていることです」






ファセッタズムとのコラボレーションは、2018年と2019年のアジアツアー中に、ウェストブルックがファセッタズムのデザイナー兼創立者の落合 宏理と出会った時から始まった。

 ウェストブルックは、常にファッションの世界に片足を据えており、彼の名前をつけた最初のシューズ、2015年発売の「ウェスト ブルック0」は、ライフスタイル向けのプロダクトだった。

ジョーダン ブランドの一員でもある彼は、オープニングセレモニー(Opening Ceremony)とのカプセルコレクションや、今回のファセッタズムとのコラボレーションなどを通じ、これまで以上に多様なスタイルを提案し続けている。

なお、シューズで採用されているカラーの一つは、今回のコラボコレクションで展開されるアパレルアイテムとも連動している。


アパレル コレクションでは、トラックスーツ、ジャケット、フーディ、Tシャツといったジョーダンの定番スタイルにグリーンやオレンジの色を取り入れて、ファセッタズムならではのストリート感をプラス。や背中に加えられたリブのディテールからもファセッタズムらしさを感じることができいる。




パンツにも脇にサテンのテープを入れ、ジッパー付きハンドポケットで機能性を高めていたり、柔らかいフレンチテリーのフーディや、グラフィックTシャツの厚手のコットンなど、すべてのガーメントの手触りにも意外性を持たせている。

アパレルアイテムのラインアップの中でも重要なアイテムの一つであるライナー ジャケットは、リバーシブルで、片側にはフリースを、もう片側には艶のあるナイロンが用いられたハイブリッドな仕様が特徴的。



表裏で全く印象が異なるリバーシブルジャケットなので、一着ワードローブに追加すると日々のコーディネートの幅もぐんと広がりそうだ。

今回のコレクションで展開されるアイテム同士の組み合わせはもちろん、手持ちのアイテムとのスタイリングも楽しみたい。

本コレクションは、12月28日からファセッタズムの公式オンラインストア、ファセッタズム 表参道、ファセッタズム 心斎橋にて展開予定。2021年1月28日からは、SNKRS アプリNIKELAB MA5でも発売予定。


>>その他のナイキの記事はこちらから


編集部
ページトップへ