大友良英 「音楽と美術のあいだ」、東京オペラシティでスタート

2014.11.23

東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]は11月22日より、展覧会「大友良英 音楽と美術のあいだ」を開始した。音楽と美術の領域を越境するアーティスト・大友良英による大型インスタレーション作品と、本展のための最新作を展示する。

2008年制作の「quartets」は、音響と映像の大型インスタレーション作品。大きな展示室を丸ごと使ったこの作品では、8名の演奏家による即興演奏を事前に記録し、それらをコンピュータ・プログラムによって四つのカルテットに再編成した演奏音が流れる。中央に設置した白いキューブの各側面には、各演奏家達のシルエットが投影され、キューブの側面ごとに正対する展示室の壁面スクリーンには、木、鉄、液体などで作られたオブジェのディテールが映し出される。これらの映像は、演奏音に合わせて振動し変化していく。

本展のために制作された「guitar solos 1」は、館内の階段を利用したサウンドインスタレーション。8対のスピーカーが階段の段上に設置され、それぞれのスピーカーから、事前に録音されたギターの音がランダムに再生される。スピーカーの前を通過したり、立ち止まったりしながら、複雑に変化していく演奏音を楽しむ。

異なる芸術表現である「音楽」と「美術」は、お互いにそれぞれの歴史を持ち、各々独自の発展を遂げてきた。近年、両者の領域を横断する多様な表現が生み出されてきているが、それらは従来の芸術ジャンルの外枠を大きく拡げた一方、各分野の間にあった境界線は曖昧なものとなった。

大友は「(音響作品である)『quartets』は時間を掛けてゆっくりと“観”ほしい作品」と語る。本展は美術館における音響インスタレーション作品の存在意義を、鑑賞者に再び問うものである。大友の作品は、固定化した聴覚音源とも、一過性のライブ体験とも異なる、「展示による上演」という新しいシステムを鑑賞者に観せてくれる。

今一度「音楽」と「美術」それぞれに目を向けながら、それらの「あいだ」にあるもの、それらの「あいだ」を繋ぐものとはなにかを考えさせる展覧会だ。


【イベント情報】
「大友良英 音楽と美術のあいだ」
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]ギャラリーA
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー4階
会期:11月22日から2015年2月22日
時間:11:00から18:00
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)、12月29日から1月5日、2月8日
入場料:一般・大学生500円、 高校生以下無料
K.H
  • 音響と映像の大型インスタレーション作品「quartets」
  • 音響と映像の大型インスタレーション作品「quartets」
  • 音響と映像の大型インスタレーション作品「quartets」
  • オープニングセレモニーで挨拶する大友良英
  • 館内の階段を利用したサウンド・インスタレーション作品「guitar solos 1」
  • 音響と映像の大型インスタレーション作品「quartets」
  • 音響と映像の大型インスタレーション作品「quartets」
  • オープニングセレモニーへ駆けつけた大友良英(右から2番目)
  • 「大友良英 音楽と美術のあいだ」の会場の様子
  • 「大友良英 音楽と美術のあいだ」の会場の様子
ページトップへ