「60年代の東京」がアート作品として蘇る。平凡パンチの誌面も収録【NADiffオススメBOOK】

2014.11.27

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週木曜日は、アート・ブックショップ「ナディッフ」各店がオススメする1冊をご紹介。今回は東京恵比寿店、ナディッフ アパート(東京都渋谷区恵比寿1-18-4NADiff A/P/A/R/T1階)です。

■「Made in Tokyo」ダーン・ファンゴールデン(Daan van Golden)

1936年生まれのオランダアーティスト、ダーン・ファンゴールデンは、作品制作のため63-64年にかけて東京に滞在。そこで見た日本の服や、猪熊弦一郎が手掛けた三越デパートの包装紙の模様などに強い刺激を受けた。以降彼は、既存の物事からインスピレーションを受け、アート作品として昇華する形式をとるようになった。本書は、2014年に東京のアートギャラリー「MISAKO&ROSEN」で行われた展覧会に出品された、東京を素材としたコラージュの近作を中心に収録。そのほか、60年代に制作した花柄やチェック模様を使った作品や、週刊誌『平凡パンチ』に掲載されたダーン自身がモデルとして登場した広告写真なども紹介している。

書籍情報】
「Made in Tokyo」
著者:ダーン・ファンゴールデン
出版社:MISAKO&ROSEN
言語:日本語、英語
ハードカバー/71ページ/165×230mm
発刊:2014年
価格:3,240円
NADiff
  • 「Made in Tokyo」
ページトップへ