伊藤忠、米バッグ・イーストパックの独占輸入販売権取得

2014.06.26

伊藤忠商事は、米カジュアルバッグブランド「イーストパック(Eastpak)」の日本市場における独占輸入販売権を取得した。子会社のコロネットを通じ、2015年春夏シーズンより展開する。

日本市場においては、ファッションブランドとしてのイーストパックの世界観を一層強固に打ち出し、更なる認知度拡大とブランド価値の向上を目指す。全国の百貨店や専門店、セレクトショップなどの販路を継承しつつ、新たな販路拡大を加速。3年後には小売り上代ベースで20億円の売り上げが目標。

イーストパックは、1956年にイースタンキャンバスプロダクツ(Eastern Canvas Products)社が米国陸軍向けに生産していたダッフルバッグやバックパックをルーツとして72年に設立。耐水性に優れたコーデュラ素材など物志向を追求しつつ、ビビッドな色使いや総柄プリントのバッグを生み出し、ライフスタイルブランドとして30年以上にわたり世界展開。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(BACK TO THE FUTURE)』主人公が着用したことでも有名に。

現在は主力のバックパックだけでなく、ショルダーバッグから、アクセサリー、ボストンバック、スーツケースまで多彩なラインアップ。近年はデザイナーコラボレーションが盛んで、「アーペーセー(A.P.C.)」「ラフ シモンズ(Raf Simons)」「リック オウエンス(Rick Owens)」「クリスヴァンアッシュ(KRIS VAN ASSCHE)」などとアイテムを発表している。取り扱い店舗は、東京神宮前のショップの他、「ビームスBEAMS)」「シップス(SHIPS)」などのセレクトショップ、東急ハンズやロフトなど。
くまがいなお
    ページトップへ