11月7日は桑沢学園創立者・桑沢洋子の誕生日です

2013.11.07

デザイナー、ファッションデザイナーの桑沢洋子は1910年11月7日生まれ。東京都出身。1972年4月12日逝去。

1928年に女子美術大学師範科西洋部へ入学し、32年に卒業。翌年に新建築工芸学院へ入学し、建築・室内設計・服飾などのデザインジャーナリズムを学ぶ。そこで、建築家グロピウスによってワイマールに建設された造形芸術の総合的学校「バウハウス」の存在を知り、その影響を強く受けた。

建築家の川喜田煉七郎の紹介で、ハースト婦人画報社の前身である東京社へ入社。41年から服飾デザイナー・伊東茂平の下で洋裁技術を修行。42年に桑沢服飾工房を設立し、服飾デザイナーとして活動を始める。以後、服飾デザインについての執筆や大学講師などを務め、ファッションの産業的・機能的デザインを提唱した。

デザインの総合的な基礎教育と専門教育が重要だと考え、54年に桑沢デザイン研究所を、66年に東京造形大学を設立した。当時としては、純粋な「デザインの専門学校」の発足は画期的なことであった。77年4月に死去。
編集部
  • 「桑沢洋子 普段着のデザイナー展」(桑沢学園発行)
ページトップへ