「うつくし」ものに心ほぐれる。古きものから美を紡ぐmatohuの眼差し【2017春夏ウィメンズ】

2016.11.22

まとふ(matohu)がAmazon Fashion Week TOKYO 2017 S/S期間中の10月18日、スパイラルホールで2017年春夏コレクションを発表した。

プレーンな照明に照らされ、白く浮かび上がったステージ。鈴のような鉄琴の音が響き渡る中、モデルが現れショーはスタートした。今回のコレクションのテーマは「うつくし」。古代の日本語で「うつくし」は美しいという意味ではなく、愛らしい、キュート、かわいいといったことを表す言葉だったという。

「民藝の人形や器などかわいいものを集めるのが大好きなのですが、そういうものは、心がほぐれて優しい気持ちになりますし、人の心を慰める伴侶としてずっと存在してきたと思うのです。今回のコレクションの服も、ディティールを含めて着る人や見た人の心が和らぎ、優しい気持ちになったらいいなという願いを込めて作りました」とデザイナーの堀畑裕之氏は語る。

ジャカード織のニットには、“小さきひと”の子どもの姿や、千鳥、つばめなどの柄が織り込まれ、その他にもピーナッツ柄の刺繍やドレープ、レース、タックを使い、繊細で女性らしいイメージを盛り込んだスタイルで「うつくし」を表現。藤色、山吹色、深藍色など日本の伝統色をベースに、織りやディテールで遊び心を取り入れたという。また、あえて自然なゆがみが残る仕上がりにした麦わら帽子、津軽の民芸品、下川原焼きの土人形からヒントを得た鳩のブローチなど、手の温もりが感じられる小物使いも印象的だった。ランウェイを歩むモデルの姿から目を凝らしてそれらを見つけた時、思わずこちらの顔がほころぶ。素朴で控えめな中に愛らしさをたたえているのだ。

今後の展開については「『日本の目シリーズ』はあと数回で完結しようと思っています。侘び寂から今回のようなかわいらしいものまで、日本の伝統的な考え方のエッセンスを自分たちなりに消化し、現代に合う形でデザインの中に落とし込む服作りをしてきました。古いものを古いまま受け取るのではなく、新しいものに変えて行くことが大切だと思います」と回答。ブランド名の“まとふ”は、服を“纏う”と、成熟を“待とう”という意味を持つという。日本の言葉と文化に丁寧な眼差しを向け、新しい感覚を紡ぐmatohu(堀畑裕之、関口真希子)の活動に、これからも注目していきたい。
辻あい子
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
  • まとふ17SSコレクション
ページトップへ