イッセイ ミヤケが銀座に新店をオープン、深澤直人デザインの店内は伝統色「茄子紺」を基調に

2017.06.07

イッセイ ミヤケISSEY MIYAKE)が新しい店舗、イッセイ ミヤケ ギンザ(ISSEY MIYAKE GINZA)を、7月1日に銀座4丁目のレンガ通り(東京都中央区銀座4-3-6)にオープンする。

プロダクトデザイナー深澤直人がスペースデザインを手掛けたメゾネットスタイルの店内壁面は、日本の伝統色である「茄子紺」と呼ばれる深いブルーが基調となる。中央には大きなソファーベンチが設置され、ゆったりした時が流れる空間で、くつろぎながらショッピングが楽しめるだろう。また外観のガラスフレームに合わせアルミの壁も設置され、空間ごとのテーマに沿ってアイテムが展開される。

同店では、1階にてイッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)と、イッセイ ミヤケ パルファム(ISSEY MIYAKE PARFUMS)、132 5. ISSEY MIYAKE、2階にてイッセイ ミヤケ メンISSEY MIYAKE MEN)、イッセイ ミヤケ ウオッチ(ISSEY MIYAKE WATCH)、イッセイ ミヤケ アイズ(ISSEY MIYAKE EYES)のアイテムを取り扱う。

また9月初旬には、同じく銀座4丁目のガス灯通りにあるエルトブ テップ イッセイ ミヤケ / ギンザ(ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZA)もイッセイ ミヤケ ギンザとしてリニューアルオープン。今後は銀座では二つのショップからものづくりの楽しさを発信していく。
HEW
  • イッセイ ミヤケ ギンザ 1階イメージ
  • イッセイ ミヤケ ギンザ 1階イメージ
  • イッセイ ミヤケ ギンザ 2階イメージ
  • イッセイ ミヤケ ギンザ 2階イメージ
ページトップへ