【ルック】Mame Kurogouchi 2021春夏コレクション

2020.09.29
黒河内真衣子によるマメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)が、パリファッションウィーク(PARIS FASHION WEEK ONLINE)にて、2021年春夏コレクションを発表した。




マメ クロゴウチの2021年春夏コレクションは窓が持つ、内と外という二つの世界を分かち、繋ぐという役割に目を向けながら、デザイナー黒河内真衣子自身の過去の記憶に焼き付いた風景を洋服として現代に蘇らせ、経過する時間の新たな表現へと挑戦。

ブランドの重要なDNAであり、これまでのコレクションの中心をなすアイデアでもあった“”は、今回、外の世界ではなく、デザイナー自身の内へと向かうものに。



レースのカーテンなどに見られる透かし模様の刺繍インスパイアされたアイコニックなドレスは、ノスタルジアを感じさせつつ、計算されつくしたカッティングとボリュームコントロール、シグネチャーである様々な刺繍をふんだんに用いることで唯一無二の存在感誇りながら、今季のエレガントな姿勢を体現。

カラーパレットはピュアなホワイト、柔らかなエクリュ、そして長年日の光に強烈に晒され、日に焼けたカーテンを思わせるパステルイエロー。ナチュラルなカラーシェードがコレクションに豊かな時間軸を視覚的に与えてくれる。




ウェアに多様された刺繍のテクニックはアクセサリーにもあしらわれ、コレクションのクラシカルなムードを加速。シアー素材のバケットハットは、フローラル刺繍で覆われ、陽の光を受けることで木漏れ日のような影を生み出す。シーズンを印象的に飾るスカーフも、ソフトなシルクオーガンジーの上にフローラルモチーフがふんだんに刺繍され、ストリングスを用いることでヘッドピースやスカーフにも姿を変えることができる。

なお、毎シーズン人気のピアスは、まるで曇りガラスを思わせる乳白色で登場。春の芽吹きを結晶化させたようなモチーフに注目したい。先シーズン登場したアイコニックなコード刺繍のバッグシリーズは、新色と新型ともに新たな定番としてブランドのコレクションに加わる。





【Collection Look Credits】
Photographer: Yuichiro Noda
Stylist: Yuriko E
Hair: Waka Adachi
Makeup: UDA
Model: Amane, Hyo Kagou, Kaho Kobayashi, Marina, Fubuki Tampo and Sen Zhao


>>その他のMame Kurogouchiの記事はこちらから


編集部
ページトップへ