両ブランドの魅力が融合。UGG X ホワイトマウンテニアリングの2020秋冬コラボレーションを発表

2020.09.19

UGG(R)と東京を拠点とするファッションブランド White Mountaineeringホワイトマウンテニアリング)は、4回目のグローバルコラボレーションとなる2020秋冬コラボレーションを発表しました。2020秋冬パリメンズ・ファッションウィーク期間中に発表されたUGG(R)×White Mountaineeringコレクションは、両ブランドの魅力を融合し、流行に左右されないニュートラルなカラーバリエーションと上質な素材で美しく仕上げられています。ブーツスニーカーで構成される限定カプセルコレクションは、日本以外の国では10月17日より販売開始となりますが、日本ではスニーカーのみ先行して9月19日より販売いたします。


White Mountaineeringのデザイナーの相澤 陽介氏は、UGG(R)との最新コラボレーションに影響を与えたものとして、アウトドア要素やリパーパス製品、ヴィンテージのスキー用品などを挙げています。相澤氏がUGG(R)とのコラボレーションにおいて常に目指しているのは、UGG(R)ブーツの伝統的なシルエットと機能性に、刺激的でありながら無駄のない自身のデザインを融合させることです。スポーツインスピレーションを得た厚底シルエットのUGG(R) x WM CA805 Sneaker(UGG(R) x WM CA805 スニーカー)は、UGG(R)の定番スニーカーに新たなひねりを加え、流行に左右されないニュートラルなカラーとメタルのハードウエア、ランニングスタイルのオーバーサイズ厚底ソールを採用しています。新スタイルのスニーカーは、UGG(R)ならではのソフトな履き心地で、White Mountaineeringらしいファッションの中に、スタイルと機能性が調和しています。



UGG(R) x WM Classic Short(UGG x WMクラシック ショート)は、UGG(R)のアイコニックなクラシック ショートブーツをベースに、控えめながらも個性が光るデザインにアップデートしています。リッチなヌバックレザーとスポーティーなキルト生地を採用し、流行に左右されないニュートラルなカラーバリエーションがそろっています。また、着脱が楽な後ろジッパー仕様で、UGG(R)ならではの心地よさをもたらす天然ウールのライニングを施しています。軽量かつグリップ性に優れたTreadlite by UGG™アウトソールで仕上げたUGG(R) x WM Classic Shortは、White Mountaineeringらしいファッションの中にスタイルと機能性が調和しています。



UGG(R) x White Mountaineeringコレクションは、UGG(R)直営店(銀座大阪神戸、札幌)、UGG(R)公式サイト(https://bit.ly/3iFAJbF)、White Mountaineering代官山新宿伊勢丹店他、White Mountaineeringお取扱い店舗にてご購入いただけます。

About UGG(R)
1978年、カリフォルニアの海岸で一人のサーファーによって設立されたUGG(R)は、アイコニックなクラシックブーツで知られるグローバルライフスタイルブランドです。ハリウッドのセレブリティに続き、ファッションエディターに愛用され、やがて世界中に広がりました。以来UGG(R)は、品質、クラフトマンシップに対する妥協のない姿勢を貫きながら、フットウエア、アパレル、ファッション小物、ホームウエアのデザインと販売を手掛けています。世界各国の一流小売業者と提携しながら、UGG(R) のコンセプトストアおよびアウトレットストアを、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、東京、上海、北京など、世界主要都市に130店舗以上を展開し、年間10億ドルを超える売上高を実現しています。
詳しくは、www.ugg.com/jp @UGGJAPAN をご覧ください。

About White Mountaineering
デザイナーである相澤陽介が2006年に設立したホワイトマウンテニアリングは、アウトドアにインスパイアされた日本発のファッションブランドです。“服を着るフィールドは全てアウトドア”をコンセプトに掲げ、デザイン、実用性、技術の3つの要素を一つの形にし、市場には屈しない姿勢でのものづくりを貫いています。
詳しくは、http://www.whitemountaineering.comをご覧ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ