伊勢丹TOKYO解放区の1周年はミキオサカベイベント。SuG武瑠ビジュアル起用

2014.03.02

昨年3月誕生した、伊勢丹新宿店本館2階「TOKYO解放区」は1周年を記念して、“ジェンダーレス”をテーマに「ミキオサカベ(MIKIOSAKABE)」をクローズアップしたイベント「un-gender@TOKYO解放区 by MIKIOSAKABE」を3月5日から18日まで開催する。

男性がフェミニンな服に身を包み、女性がマニッシュな装いをするなど美の基準が多様化するこの時代に、「人間としての魅力を表現するファッション」をテーマに、ジェンダーにとらわれない自由な価値観や、性差を超えた美しさを提案するという。

秋葉原のオタクや原宿のロリータなど、サブカルチャー要素を取り入れながら、いち早くジェンダーレスなコレクションを展開してきた「MIKIOSAKABE」。イベントでは、14SSコレクションをフルラインアップで紹介する他、伊勢丹別注アイテムを用意。更に、14AWのプレラインが、伊勢丹完全別注で登場する。同ブランドがプレシーズンアイテムを発表するのは今回が初。

また、イベントに先駆けて5人組バンド「サグ(SuG)」のフロントマン・武瑠(タケル)をモデルに迎え、写真家・森栄喜が“ジェンダーレス”を表現したメインビジュアルが発表されている。

会場では、コサージュ雑貨などがそろう他、漫画家・中村明日美子の作品『同級生』とのコラボレーションラインや中村の作品、森の写真集なども展示・販売される。

3月8日16時から17時には、デザイナー・坂部三樹郎と“もふくちゃん”こと福嶋麻衣子によるトークイベントを開催。日本におけるジェンダーレスとボーイズラブ(通称BL)、アートとサブカルチャーの関連性をテーマにトークが展開される。

(c)model:武瑠(SuG)、 photo:森 栄喜、hair/make:SHISEIDO、Styling:MIKIOSAKABE(all garments by MIKIOSAKABE)
編集部
  • イベントのために特別に撮り下ろされたビジュアル。モデルは「SuG」のフロントマン、武瑠
  • 14AWのプレラインが、伊勢丹完全別注で登場。同ブランドがプレシーズンアイテムを発表するのは今回が初
  • 漫画家・中村明日美子の作品『同級生』
  • 透け感のある素材使いが特捜的
  • 透け感のある素材使いが特捜的
  • 透け感のある素材使いが特捜的
  • パステルを基調としてリボンモチーフ付きニット
  • 細かいパーツがあしらわれているニット
  • ミキオサカベのヘッドアクセサリー
  • 店頭ではブランドイメージビジュアルも流れる
  • 伊勢丹TOKYO解放区1周年で、ミキオサカベイベント開催
  • 伊勢丹TOKYO解放区1周年で、ミキオサカベイベント開催
  • 「ミキオサカベ」デザイナー、坂部三樹郎とシュエ・ジェン ファン
  • 3月8日には、坂部三樹郎と“もふくちゃん”こと福嶋麻衣子によるトークイベントが開催
  • イベントのためのビジュアルを撮り下ろした、写真家・森栄喜
  • イベントでは、漫画家・中村明日美子の作品『同級生』とのコラボレーションラインや中村の作品も展示・販売される
  • メインビジュアルのモデルを務めた、「SuG」のフロントマン、武瑠
ページトップへ