コム デ ギャルソン・オム プリュス出身デザイナーによるビスケットヘッド、“月に一度”のショップをオープン

2016.07.06

デザイナー橋爪大輔によるブランド、ビスケットヘッド(biscuithead)が月に一度のショップ「EVERY FIRST WEDNESDAY」を7月6日にオープンする。

ビスケットヘッドは、マーガレット ハウエル(MARGARET HOWELL)で4年間デザイナー兼パタンナーを務め、その後コム デ ギャルソン・オム プリュスで10年間パタンナーとして活躍したデザイナー、橋爪大輔によるブランド。16SSシーズンより本格始動した。

毎月第1水曜日のみ渋谷駅前の日替わりショップスペース・渋谷ノボレ(NOVORE)にオープンするこの「EVERY FIRST WEDNESDAY」では今回、“アジャスタブル(adjustable)”をテーマに制作された16SSコレクションのアイテムが販売される。ジャケット、パンツ、コート、パーカー、Tシャツ、バッグで構成される同コレクション。各アイテムには、プラスチック製で大振りのファスナー、ベルト、ベルクロのいずれかのディテールを用い、袖や裾を絞ったり、丈を縮めたり、コートやジャケットのセンターバックを開閉し、全体のボリュームを調整したりといった“アジャスト仕掛け”が施されている。またトートバッグには、赤×ライム、青×オレンジ、黒×イエローの新色も登場。

今後も同所に毎月第1水曜日にオープンするこのショップ。8月の第2回目は16SSシーズンアイテムの展開及びアーカイブサンプルのセール、9月の第3回目は16-17AWシーズンアイテムの販売が予定されている。以前話を聞いた際、「例えば、卸先のひとつに本屋や八百屋があっても面白いと思う」と語ってくれたデザイナー橋爪氏によると、毎回展示方法や商品を変え、“蚤の市”のような空気感を感じられるショップをイメージしながら、ビスケットヘッドのアイテム以外にも自身がセレクトした書籍や金物なども扱っていきたいとの意向。
HEW
  • ビスケットヘッドが月に一度のショップ「EVERY FIRST WEDNESDAY」をオープン
  • ビスケットヘッドが月に一度のショップ「EVERY FIRST WEDNESDAY」をオープン
  • ビスケットヘッドが月に一度のショップ「EVERY FIRST WEDNESDAY」をオープン
ページトップへ