森本千絵、坂本美雨、おおはた雄一ら新宿伊勢丹で館内行進。モンチッチなどコラボ商品も

2015.04.28

コミュニケーションディレクターの森千絵が、三越伊勢丹母の日キャンペーン「goen° plant planet by 森本千絵」の一環で制作した動画「おはなしの は」が公開された。作詞を森本が手掛け、作曲を坂本美雨、歌と演奏は坂本、おおはた雄一、ダブルフェイマスらが担当。監督は秦永優子。4月29日14時からは、伊勢丹新宿店で参加アーティストらの館内行進が行われる。

動画は風のように歌う坂本の声で始まり、お母さんの木が子供の木に物語の「は」を継いでいくというストーリー。「に出るフクロウ」「おもいでをポケットに集める女の子」などが登場し、語り継いでいきたいメッセージを伝えていく。森本が描いた「ご縁曼荼羅」からなる惑星の上で、親から子、子から親へのメッセージが込められた物語が動き出す。

森本はこの動画の世界観を作り上げるにあたりミュージシャンやアーティストに「山がお母さん、海がお母さん、というように、人間じゃないもっともっと大きな生命体が歌いだして、人間には到底及ばないくらい大きな存在がお母さんというイメージ。そこで生まれた音楽植物たちがざわめくくらい、統一感なく音を散りばめて欲しい」というリクエストしたという。

29日は14時から、伊勢丹新宿店本館1階、5階、6階を参加アーティストらが演奏をしながら練り歩く他、13時からは本館地下2階ビューティアポセカリーで絵本「おはなしの は」を坂本美雨が朗読するイベントも開催される。

また29日から5月5日まで、同店本館1階ザ・ステージでもイベント「goen° plant planet by 森本千絵」を開催。森本が描き出した愛情溢れる親子の世界を表現した空間で、ズッカZUCCa)、イーエム(e.m.)、ケイハヤマ プリュス(KEI Hayama PLUS)、ぬいぐるみのモンチッチなどとのコラボレーションアイテムが多数展開される。
Shigematsu Yuka
  • 森本千絵、坂本美雨、おおはた雄一ら新宿伊勢丹で館内行進。モンチッチなどコラボ商品も
  • 森本千絵、坂本美雨、おおはた雄一ら新宿伊勢丹で館内行進。モンチッチなどコラボ商品も
  • 森本千絵、坂本美雨、おおはた雄一ら新宿伊勢丹で館内行進。モンチッチなどコラボ商品も
  • 森本千絵、坂本美雨、おおはた雄一ら新宿伊勢丹で館内行進。モンチッチなどコラボ商品も
ページトップへ