鈴木えみらが、新鋭監督グザヴィエ・ドランの世界観をファッションで表現

2015.04.30

新鋭監督グザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)の最新作Mommy/マミー』の登場人物をモチーフに、鈴木えみを始めとした5人のファッショニスタがコーディネートを提案。「イエナ スローブ(IENA SLOBE)」の公式ホームページのほか、新宿店、渋谷店、川崎店及び公式サイトで公開されている。

母と子の深い愛情と葛藤を描いた『Mommy/マミー』は、昨年のカンヌ国際映画祭において審査員特別賞を受賞。独特な撮影技法や音楽表現による、ドラン監督独自の心情表現が随所に見ることができる。また、劇中で登場人物が身に纏っている衣装は全てドラン監督自身の手で縫製するなど、衣装に対するこだわりは非常に高い。その繊細な色彩感覚やコーディネートセンスが、作品の味をより引き出している。

今回はそんなドランのスタイルに感銘を受けた、モデルの鈴木えみやDJのマドモアゼル・ユリアなど5人のファッショニスタがコーディネートを提案。劇中に登場する母のダイアンや息子のスティーヴなどをモチーフに、「イエナ スローブ」と「417 by EDIFICE」のアイテムを用いて、それぞれが個性的なスタイルを完成させた。

なお、「イエナ スローブ」では5月2日より、新宿店で劇中に登場したネックレスが販売される予定。映画は全国にて順次公開だ。
HEW
  • グザヴィエ・ドラン監督による最新作『Mommy/マミー』/(C) 2014 distributed by pictures dept. all rights reserved
  • 鈴木えみがヒロインのダイアンをイメージしたコーディネート
  • マドモアゼル・ユリアがヒロインのダイアンをイメージしたコーディネート
  • マッピーがヒロインのダイアンをイメージしたコーディネート
  • 太田由香梨が息子のスティーヴをイメージしたコーディネート
  • ミーシャ・ジャネットが映画の登場人物カイラをイメージしたコーディネート
  • グザヴィエ・ドラン監督による最新作『Mommy/マミー』
ページトップへ