ルイ・ヴィトン、メンズ・レザーグッズ ライン「モノグラム・マカサー」に待望の新作が登場

発売日:2020.07.17
2020.07.16
ルイ・ヴィトンLOUIS VUITTON)のメンズレザーグッズイン「ルイ・ヴィトン、メンズ・レザーグッズ ライン」に新作が登場、7月17日より発売予定。




「ディーン・バックパック」(W31×D15.5×H41.5cm / 23万9,000円 ※予定価格)
2019年春夏メンズコレクションのランウェイで新たな存在感を放った「モノグラム・マカサー」のレザーグッズ・コレクション

今シーズンは上品かつトレンドを取り入れたシェイプでさらにアップデートされ、ヴィンテージからスポーツまで、幅広いジャンルのスタイルと調和するアイテムがそろう。メタルパーツとブラックレザーのコンビネーションがクールなアイテムは、流行に敏感な現代の男性に向けて、今までにない、新たなスタイルを提案する。

今回、新たなデザインとして登場する「ディーン・バックパック」は、フロントにファスナー式のワイドポケットを備え、機能美を追求。調節可能なストラップに加え、レザーのハンドルが付き、2ウェイで快適なスタイルを実現。また、マットブラックのメタルパーツや背中に配したモノグラム・フラワーにより、デザインにアクセントを添えられている。





「クリストファー・バムバッグ」(W50×D4×H15.5cm / 19万1,000円 ※予定価格)
「クリストファー・バムバッグ」は、複数のコンパートメントを備える仕様。トップに配した大きなファスナー式ポケットをはじめ、小物を収納できるフロントポケット、ガジェットの収納にもぴったりな小型ポケット付きで、都会的な雰囲気と実用性が融合したアイテム。






「クリストファー・ウエアラブル ウォレット」(W15×D8×H17cm / 15万3,000円 ※予定価格)
「クリストファー・ウエアラブル ウォレット」は、フロントポケットに配されたブラックのレザーが印象的なアイテム。調節可能なストラップを配することで、身に着けて持ち運べる、新たなウォレットの形を提案。
「ディスカバリー・ポシェット GM」(W36×D2×H25cm / 8万8,000円 ※予定価格)
さらに、洗練された印象のクラッチバッグ「ディスカバリー・ポシェット GM」や、定番のウォレット「ポルトフォイユ・ミュルティプル」「ポルトフォイユ・ブラザ」など、多彩なラインアップで登場する。



「ポルトフォイユ・ミュルティプル」(W11.5×D1.5×H9cm / 5万8,000円 ※予定価格)「ポルトフォイユ・ブラザ」(W10×D2×H19cm / 7万7,000円 ※予定価格)
スポーティな雰囲気と機能美が際立つ「モノグラム・マカサー」ラインの新作は、ルイ・ヴィトンストアおよび公式サイト(louisvuitton.com)にて、7月17日より発売予定。

>>その他のルイ・ヴィトンの記事はこちらから


編集部
  • 「ディーン・バックパック」(W31×D15.5×H41.5cm / 23万9,000円 ※予定価格)
  • 「クリストファー・バムバッグ」(W50×D4×H15.5cm / 19万1,000円 ※予定価格)
  • 「クリストファー・ウエアラブル ウォレット」(W15×D8×H17cm / 15万3,000円 ※予定価格)
  • 「ディスカバリー・ポシェット GM」(W36×D2×H25cm / 8万8,000円 ※予定価格)
  • 「ポルトフォイユ・ミュルティプル」(W11.5×D1.5×H9cm / 5万8,000円 ※予定価格)
  • 「ポルトフォイユ・ブラザ」(W10×D2×H19cm / 7万7,000円 ※予定価格)
ページトップへ